*

旅人に大人気!アジア最後の秘境ミャンマーとは?ビジネスでも注目!

「アジア最後の秘境」
「ラストフロンティア」
などと言われ、
旅人の間で密かに人気のある
ミャンマー。

z9249771Q,Birma


数年前から民主化され、
外国からの投資も活発になり、
いま急速に成長を遂げています。


今回はいま最もアジアで
注目されている国の一つである
ミャンマーについて
ご紹介したいと思います。


[急成長中!?ビジネスにおいてのミャンマー]


ミャンマーはいまビジネスの面で
かなり注目されており、
ここ最近はミャンマーへの
視察ツアーも増加しています。


ちなみに日本からの視察団が
世界で最も多いみたいですね。



なぜそこまで日本がミャンマーに
興味を持っているのかというと、

・安価な労働力

・人口の多さ

・勤勉な性格

・親日的

この4つが魅力的なポイントです。


労働力に関しては、
ここ最近製造系の日系企業の
進出が盛んなインドネシアと
比べてもなんと4分の1です。


人口は約6000万人なので
内需も十分見込めるほど多いですね。

勤勉な性格は日本人と
似ているから
扱いやすいということでしょう。


ミャンマーでは寺院で
無料で教育を受けられるので
アジア最貧国でありながらも
識字率は90%を超えています。


そりゃあ日本が注目しない
理由がありませんね。(^^)


これからどんどん日系企業が
進出していくでしょう。


[旅人に人気!その理由]

burma-inle_2457374b

「アジアの中でどこが
一番良かった?」と聞くと
ミャンマーと答える人が
多いです。

その理由は人が擦れてなく、
居心地が良いからです。


アジアってけっこうどこの国も
観光客慣れしてますからね〜。


さらに観光資源が多いのにも
関わらず、
手付かずが多いのも魅力的です。


ミャンマーには135の民族が暮らし、
国境を接する国々に影響を受けた
独特な雰囲気も持っています。

そこらへんが旅人から
好かれる理由なのでしょう。

Burma_country_side1


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

近年急速に成長し、
都市部の開発も著しく
進んでいます。

もう4〜5年もすれば
あっという間に近代化するでしょう。


旅人視点から言えば、
ぜひ近代化する前に
古き良き風景を残すミャンマーに
行っておきたいですね。

ad

Sponsored Link

関連記事

ELTの持田が挑戦するホノルルマラソンとは?

Every Little Thingは 2月から全国34箇所で実施中のロングツアー 「E

記事を読む

世界一の棚田がある元陽へ

2016年1月3日(十日目)、天空に広がる無数の鏡。 建水(ジェンシュイ)→元陽(ユェンヤン)

記事を読む

千島湖に沈む古代都市が幻想的!まさに中国版アトランティス!

アトランティスとは古代ギリシャの 哲学者プラトンが著書「ティマイオス」及び 「クリティアス」の中

記事を読む

「地上の楽園」ベネズエラってどんな国?観光や治安は?

あの有名な探検家、 クリストファー・コロンブスが 「地上の楽園」と称した ベネズエラ。

記事を読む

実際行ったからわかる!世界のおすすめ観光地・絶景14選

最近はテレビや本などで 世界の観光スポットや絶景がたくさん 紹介されるようになってきました。

記事を読む

シメはおばあちゃん!?本場スイスのチーズフォンデュ!

マッターホルンをはじめとした アルプス山脈や氷河など スケールの大きな自然を有するスイスでは、

記事を読む

NYタイムズで行きたい国第1位のラオス!世界で注目その魅力とは?

東南アジアで最もマイナーな国 といっても過言ではないラオス。 ASEAN10カ国の中で唯一

記事を読む

ようやく四川の麻婆豆腐にありつく

2015年12月30日(六日目)、念願の四川麻婆豆腐。 理塘(リタン)→郷城(シャンチェン)

記事を読む

スター選手が集まるインド・スーパーリーグとは?

たまたまニュースを見ていたら、 なんとあの元イタリア代表の スーパースター、 アレッサンドロ・

記事を読む

まるで宇宙!世界一の棚田の夜明け

2016年1月4日(十一日目)、異次元の絶景。 元陽(ユェンヤン) 早朝6時過ぎに宿を出発す

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑