*

旅人に大人気!アジア最後の秘境ミャンマーとは?ビジネスでも注目!

「アジア最後の秘境」
「ラストフロンティア」
などと言われ、
旅人の間で密かに人気のある
ミャンマー。

z9249771Q,Birma


数年前から民主化され、
外国からの投資も活発になり、
いま急速に成長を遂げています。


今回はいま最もアジアで
注目されている国の一つである
ミャンマーについて
ご紹介したいと思います。


[急成長中!?ビジネスにおいてのミャンマー]


ミャンマーはいまビジネスの面で
かなり注目されており、
ここ最近はミャンマーへの
視察ツアーも増加しています。


ちなみに日本からの視察団が
世界で最も多いみたいですね。



なぜそこまで日本がミャンマーに
興味を持っているのかというと、

・安価な労働力

・人口の多さ

・勤勉な性格

・親日的

この4つが魅力的なポイントです。


労働力に関しては、
ここ最近製造系の日系企業の
進出が盛んなインドネシアと
比べてもなんと4分の1です。


人口は約6000万人なので
内需も十分見込めるほど多いですね。

勤勉な性格は日本人と
似ているから
扱いやすいということでしょう。


ミャンマーでは寺院で
無料で教育を受けられるので
アジア最貧国でありながらも
識字率は90%を超えています。


そりゃあ日本が注目しない
理由がありませんね。(^^)


これからどんどん日系企業が
進出していくでしょう。


[旅人に人気!その理由]

burma-inle_2457374b

「アジアの中でどこが
一番良かった?」と聞くと
ミャンマーと答える人が
多いです。

その理由は人が擦れてなく、
居心地が良いからです。


アジアってけっこうどこの国も
観光客慣れしてますからね〜。


さらに観光資源が多いのにも
関わらず、
手付かずが多いのも魅力的です。


ミャンマーには135の民族が暮らし、
国境を接する国々に影響を受けた
独特な雰囲気も持っています。

そこらへんが旅人から
好かれる理由なのでしょう。

Burma_country_side1


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

近年急速に成長し、
都市部の開発も著しく
進んでいます。

もう4〜5年もすれば
あっという間に近代化するでしょう。


旅人視点から言えば、
ぜひ近代化する前に
古き良き風景を残すミャンマーに
行っておきたいですね。

ad

Sponsored Link

関連記事

桃源郷シャングリラへの道のりは史上最悪

2015年12月31日(七日目)、過酷極まりないシャングリラへの道。 郷城(シャンチェン)→香格里

記事を読む

筋肉痛?体調不良?体が動かない

2016年1月11日(十八日目)、動けない。 ルアンパバーン 夜明け前から何か体の調子がおか

記事を読む

「フルハウスのジョーイおじさん」デイブ・クーリエの結婚相手は?

アメリカのシチュエーション・コメディで 大人気の「フルハウス」にジョーイおじさんとして 出演して

記事を読む

世界最長寿の9人兄弟が住むサルデーニャ島のライフスタイル

世界には健康で長生きする人が 多く集まる「ブルーゾーン」という 特殊な地域があります。 イ

記事を読む

三連休あれば大阪から海外の絶景に行ける!

海外には本当にたくさんの絶景があります。 最近はテレビで放送されたり、 本で紹介されたり

記事を読む

エリザベス・コランの出身地・バヌアツのおすすめ観光地

エリザベス・コランさんは 日本でたった一人のバヌアツ出身の外国人です。 バヌアツは南太平洋に

記事を読む

世界の湖のほとりでのんびりできる街6選

世界にはたくさんの湖があります。 そしてその湖のほとりには 街があり、人が住んでいます。

記事を読む

イタリアで社会問題化するマンモーネとは?

突然ですがイタリアのイメージって どんなものが思い浮かびますか? ピザ、パスタ、サッ

記事を読む

ワイトモケーブよりすごいハーウッズ・ホールが世界一の洞窟?

大自然の広がるニュージーランド。 まるで絵画のような世界が いたるところで見られる 素晴ら

記事を読む

ラオスの国家資格?ついに象使いライセンス取得

2016年1月10日(十七日目)、象が大好きになる。 ルアンパバーン 五時前に目が覚めたので

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑