*

旅人に大人気!アジア最後の秘境ミャンマーとは?ビジネスでも注目!

「アジア最後の秘境」
「ラストフロンティア」
などと言われ、
旅人の間で密かに人気のある
ミャンマー。

z9249771Q,Birma


数年前から民主化され、
外国からの投資も活発になり、
いま急速に成長を遂げています。


今回はいま最もアジアで
注目されている国の一つである
ミャンマーについて
ご紹介したいと思います。


[急成長中!?ビジネスにおいてのミャンマー]


ミャンマーはいまビジネスの面で
かなり注目されており、
ここ最近はミャンマーへの
視察ツアーも増加しています。


ちなみに日本からの視察団が
世界で最も多いみたいですね。



なぜそこまで日本がミャンマーに
興味を持っているのかというと、

・安価な労働力

・人口の多さ

・勤勉な性格

・親日的

この4つが魅力的なポイントです。


労働力に関しては、
ここ最近製造系の日系企業の
進出が盛んなインドネシアと
比べてもなんと4分の1です。


人口は約6000万人なので
内需も十分見込めるほど多いですね。

勤勉な性格は日本人と
似ているから
扱いやすいということでしょう。


ミャンマーでは寺院で
無料で教育を受けられるので
アジア最貧国でありながらも
識字率は90%を超えています。


そりゃあ日本が注目しない
理由がありませんね。(^^)


これからどんどん日系企業が
進出していくでしょう。


[旅人に人気!その理由]

burma-inle_2457374b

「アジアの中でどこが
一番良かった?」と聞くと
ミャンマーと答える人が
多いです。

その理由は人が擦れてなく、
居心地が良いからです。


アジアってけっこうどこの国も
観光客慣れしてますからね〜。


さらに観光資源が多いのにも
関わらず、
手付かずが多いのも魅力的です。


ミャンマーには135の民族が暮らし、
国境を接する国々に影響を受けた
独特な雰囲気も持っています。

そこらへんが旅人から
好かれる理由なのでしょう。

Burma_country_side1


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

近年急速に成長し、
都市部の開発も著しく
進んでいます。

もう4〜5年もすれば
あっという間に近代化するでしょう。


旅人視点から言えば、
ぜひ近代化する前に
古き良き風景を残すミャンマーに
行っておきたいですね。

ad

Sponsored Link

関連記事

南野の2ゴールで日本1位で決勝T進出!2位は中国!

決勝トーナメント進出には 宿敵韓国から絶対に勝利が 必要だったU-19日本代表。

記事を読む

世界最長寿の9人兄弟が住むサルデーニャ島のライフスタイル

世界には健康で長生きする人が 多く集まる「ブルーゾーン」という 特殊な地域があります。 イ

記事を読む

東南アジアはすぐそこに!シーサンバンナへ

2016年1月6日(十三日目)、街路樹にヤシの木。 昆明(クンミン)→西双版納(シーサンバンナ)

記事を読む

ブルキナファソの魅力とは?幾何学模様の集落など盛りだくさん!

ブルキナファソっていう国が どこにあるかご存じですか? ここでパッと思い浮かんだ人は

記事を読む

映画「世界の果ての通学路」の感想〜桜坂劇場にて

はいさーい! 那覇にはとても素敵な映画館があります。 それが桜坂劇場です。 那覇市

記事を読む

ナンに装飾?ウズベキスタンってどんな国?〜スタンの意味は?

シルクロードの中継地として栄え、 その美しさから「シルクロードの宝石」 と言われるウズベキスタ

記事を読む

雲南のポタラ宮、松賛林寺へ

2016年1月1日(八日目)、桃源郷シャングリラから始まる2016。 香格里拉(シャングリラ)

記事を読む

プーシーの丘からメコンと夕日を眺める

2016年1月13日(二十日目)、全力ではすごいと思わない。 ルアンパバーン お腹の調子もだ

記事を読む

英語で落語?メルボルンで活躍する笑福亭笑子とは?

落語といえば江戸時代に成立し、 日本の伝統的な話芸の一種です。 その落語をなんと英語を使い、

記事を読む

最大9連休の年末年始!世界遺産ホイアンがおすすめな理由

2014年から2015年にかけての 年末年始はなんと最大9連休に なります! 12月27日

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑