*

自然好きにおすすめしたい国・場所8選

公開日: : 海外ネタ , , ,

高層ビルに囲まれた都会より、
ありのままの自然が大好きって人、
けっこういると思います!

私も自然が大好きです。

日本の自然も良いですが、
どちらかというと海外の
スケールの大きな自然の方が
好きです。


今回は、今まで行ってきた国の中で
自然好きの人におすすめしたい場所を
ご紹介したいと思います。


[自然好きにおすすめの国・場所]

・ブルーム(オーストラリア)

th_DSC_0895_2

オーストラリアの東海岸は
シドニーやブリスベン、メルボルンなど
よく聞く都市が多く、
発展もしていますが、
西海岸はパース以外発展していません。

そこでおすすめなのが北西部に
位置するブルーム。

赤土の大地にコバルトブルーの海、
そして紺碧の空にバオバブの木と
異質な風景が見られます。


さらに世界で唯一ブルームでしか
見られない神秘の自然現象
「月の階段」もあります。


・ニュージーランド

th_DSC_0482

ここはどこの場所がおすすめというより、
自然好きにはニュージーランドという国に
ぜひ行ってもらいたいです。

牧歌的な風景が広がるこの国は
全てが絵になるような大自然が
広がっています。

あえておすすめの場所を言うなら
テカポ、ワナカ、マウントクック、
アーサーズパスでしょうか。

南島はニュージーランドの中でも
特に自然の宝庫なので、
ぜひ行って欲しいですね。


・マラケシュからサハラ砂漠の道中(モロッコ)

th_DSC_0289

正直モロッコに行く前は
あまり自然のイメージが
なかったのですが、
驚異的な自然がたくさんありました。

それはマラケシュからサハラ砂漠へ
向かう道中はとにかく地球を
感じる自然が多く、
「ザ・自然」という息を飲むような
光景が広がっています。

モロッコが映画の舞台として
よく使われる理由がわかりました。


・ガラパゴス諸島(エクアドル)

20110709_01

ここはもう動物の楽園です。

市場に行けば魚をくれと
アザラシが海からあがってくるし、
ビーチではウミイグアナが
日光浴をし、
海を泳いでいるとペンギンや
アザラシも一緒に泳いでくれます。

森のほうではガラパゴスゾウガメが
のそのそと散歩しているし、
他のところでは見れない
別次元の光景が広がっています。


・コスタリカ

arenal09

こちらもニュージーランドと
同様に自然好きにおすすめしたい
国です。

エコツーリズム発祥の地で、
コスタリカの国土の4分の1は
国立公園や生物保護区に指定されています。

日本の7分の1程度の大きさである
コスタリカには
熱帯雨林、活火山、カリブ海、太平洋など
多様な自然が濃縮されています。


・ヒマラヤ山脈(ネパール)

th_DSC_0239_2

世界の高峰トップ10はヒマラヤ山脈にあり、
そのうち8座はネパールにあります。

日の出や夕日で黄金に輝く
山々の姿は神々しく、
あまりの美しさに絶句します。

トレッキングを頑張った後に
見る美しい景色は達成感と共に
感動も味わえます。


・サパ(ベトナム)

45953-sapa_aromatravel_vn_(2)

ベトナム北部で中国雲南省との
国境近くにある山岳地帯にある町。

心が洗われるような古き良き
風景がそこには広がっています。


・プリトヴィッツェ(クロアチア)

th_DSC_1053

大小16の湖と92の滝が
エメラルドグリーンの幻想的な
景観を作り出す
プリトヴィッツェ湖群国立公園。

絵画のような美しい風景が
そこら中で見ることができます。


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

アジア、アフリカ、中南米、
オセアニア、ヨーロッパと
至る所におすすめの自然スポットがあります。


まだまだ世界中にはたくさんの
自然が残っているので、
訪れたらまた紹介しようと思います。

ad

Sponsored Link

関連記事

ボルネオ島のおすすめスポット

インドネシア、マレーシア、ブルネイが 領有するボルネオ島は、 グリーンランド島、ニューギ

記事を読む

エメラルドの絶景!クアンシー滝

2016年1月12日(十九日目)、不思議な色をした滝。 ルアンパバーン 全身疲労はだいぶマシ

記事を読む

死ぬまでに見たい世界の紅葉スポット2014

秋は「食欲の秋」「スポーツの秋」 「芸術の秋」などイベント盛りだくさんですが、 私は「紅葉の秋」

記事を読む

イタリアで社会問題化するマンモーネとは?

突然ですがイタリアのイメージって どんなものが思い浮かびますか? ピザ、パスタ、サッ

記事を読む

世界の常識は日本の非常識?世界のおもしろ写真10選

日本でよく「常識やぞ!」っていう人 いますよね。 それは 自分の中で思い込んでいる

記事を読む

ELTの持田が挑戦するホノルルマラソンとは?

Every Little Thingは 2月から全国34箇所で実施中のロングツアー 「E

記事を読む

チリ最果てのチロエ島とは?島民のDNAは日本人に極めて近い?

みなさんは南米チリ最果ての島、 チロエ島をご存知ですか? 南米といえば日本と正反

記事を読む

もっとも旅行したい国ナンバーワン!スリランカの魅力とは?

「光輝く島」スリランカはインドの南に 位置する島国です。 「インド洋の真珠」とも言われて

記事を読む

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャン 朝食はメコン川沿い近

記事を読む

景洪から国際バスで国境越え、ルアンナムターへ

2016年1月7日(十四日目)、バイバイ中国、ハローラオス。 景洪(ジンホン)→勐腊(モンラー)磨

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑