*

絶景!魅力溢れる世界のおすすめ旧市街5選

公開日: : 海外ネタ , , , ,

昔の街並みがそのままの姿で
残っている旧市街。

活気に満ち溢れていたり
ノスタルジックな雰囲気を
味わえたりと
世界にはたくさんの旧市街があります。


どことなく懐かしく感じるような、
独特な雰囲気を持っている旧市街。


今回は私が訪れた中で特に
おすすめしたい旧市街を
ご紹介したいと思います。


[これぞ絶景!世界の旧市街5選]

・ドゥブロヴニク(クロアチア)

th_DSC_0656

いまヨーロッパの観光地で
最も人気のある場所の一つが
クロアチアのドゥブロヴニクです。

1979年に世界遺産に登録された
ドゥブロヴニク旧市街は、
あまりの美しさから
「アドリア海の真珠」とも
呼ばれています。

ジブリ映画の「紅の豚」や
「魔女の宅急便」の舞台という
ウワサはあまりに有名です。


・チェスキー・クルムロフ(チェコ)

th_DSC_1120

1992年に世界遺産に登録された
チェスキー・クルムロフ歴史地区。

ボヘミアの新緑の中に
オレンジ屋根の街並みが広がる
旧市街は、
その美しさから「眠れる森の美女」
と人々は言います。


まさにその表現通りの美しい
光景が私たちを魅了してくれます。


・ポルト(ポルトガル)

th_DSC_0854

ドウロ川とオレンジ屋根の街並みが
作り出す風景は見事です。

ポルト歴史地区として1996年に
世界遺産に登録されています。

アズレージョ(装飾タイル)が
壁面を飾る「サン・ベント駅」や
世界で最も美しいと言われる
本屋「レロ・イ・イルマオン」など
目を見張る場所も多いですね。


・モスタル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

th_DSC_0375

ボスニア・ヘルツェゴビナ初の
世界遺産として2005年に登録された
モスタル旧市街の古い橋の地区。

中でも有名なのが
平和の象徴の橋「スタリ・モスト」です。

スタリ・モストと
石畳の街並みが
幻想的な世界を作り出しています。


・シャウエン(モロッコ)

th_DSC_0653

街全体が青に染められ、
おとぎの国に迷い込んだような
シャウエンの旧市街。

山間部に位置し、
猫が多くのんびりとした空気が流れています。

ヨーロッパの旧市街とは
違った
どこかエスニックな雰囲気を
味わえます。


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

世界にはまだまだ素敵な
旧市街がありますが、
今回ご紹介した旧市街は
特におすすめです。

一度だけでなく、
何度も訪れたくなるような
そんな魅力に溢れた旧市街です。

ad

Sponsored Link

関連記事

2014年注目!世界のイベント(7・8・9月)

現在は2014FIFAワールドカップブラジル大会で 世界中が大盛り上がりですね。 もちろ

記事を読む

世界のおすすめクリスマスイベント2014

こんにちは。 今年も残り2ヶ月を 切ってしまいましたね。 年間を通して多くの人で

記事を読む

雲南のポタラ宮、松賛林寺へ

2016年1月1日(八日目)、桃源郷シャングリラから始まる2016。 香格里拉(シャングリラ)

記事を読む

ワクワクが始まるバンビエンの景色

2016年1月14日(二十一日目)、いざドラゴンボールの世界。 ルアンパバーン→バンビエン

記事を読む

ヨーロッパで話題沸騰中の「バブルサッカー」は新感覚スポーツ?

ヨーロッパではすでに大人気! 話題沸騰中の新感覚スポーツが 「バブルサッカー」です。

記事を読む

ニュージーランドのココは行くべきベスト10!

突然ですが、ニュージーランドって 行ったことありますか? ものっすごく良いところなんですよ!

記事を読む

「地上の楽園」ベネズエラってどんな国?観光や治安は?

あの有名な探検家、 クリストファー・コロンブスが 「地上の楽園」と称した ベネズエラ。

記事を読む

見たら涼しくなる世界の滝9選

連日暑い日が続いていますが みなさんどうお過ごしでしょうか? 私は冷房の効いたスーパーや

記事を読む

景洪から国際バスで国境越え、ルアンナムターへ

2016年1月7日(十四日目)、バイバイ中国、ハローラオス。 景洪(ジンホン)→勐腊(モンラー)磨

記事を読む

謎の洞窟?夕日がキレイなバンビエン

2016年1月16日(二十三日目)、自転車探検。 バンビエン 朝から快晴だったので自転車で街

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑