*

勝敗は?ホンジュラス戦のスタメンを予想!

今夜はサッカー日本代表と
ホンジュラス代表が対戦します。

アギーレ監督になってから
いまいち結果も出ず、
まだまだ先が不透明な新生日本代表。

001


アジアカップの連覇は本当に
可能なのでしょうか?


W杯の前哨戦とも言われる
コンフェデレーションズ杯の参加権を
得るためにもぜひ連覇してほしい!


今夜のホンジュラス戦では
何気に楽しみな要素が詰まっています。

それは何といっても
遠藤保仁選手、今野泰幸選手、
内田篤人選手のアギーレ体制初招集、
そしてキャプテン長谷部誠選手の復帰です。


長友佑都選手が代表に選ばれなかったのは
かなりショックですが、
W杯以降いまいち調子が上がっていないので
アジアカップにはぜひ本調子で
戻ってきて欲しいですね。


さて、それでは本日行われる
ホンジュラス戦のスタメンと勝敗を
勝手に予想してみたいと思います。


[スタメン予想]

GK 西川周作

DF 太田宏介 
  吉田麻也
  森重真人
  内田篤人

MF 今野泰幸
  香川真司
  遠藤保仁

FW 本田圭佑
  武藤嘉紀
  岡崎慎司


こう予想します。

前回のブラジル戦とは違い、
さすがに今回は
勝ちに行くメンバーを
スタメンにするでしょう。

長谷部誠選手、豊田陽平選手、
塩谷司選手、酒井高徳選手、
柴崎岳選手あたりは
後半から途中出場しそうですね。


[勝敗予想]

いまいち頼りがいのない
日本のDF陣なので
失点はするでしょう。

攻撃陣はぼちぼち本田選手や
岡崎選手に決めてもらいたいですね。


なので2-1で日本が勝利します。

日本の1点はおそらくPKです。


[まとめ]

今回の西川選手や太田選手の
出来によっては、
ザックジャパンで不動のスタメンだった
川島選手や長友選手の地位が
危うくなるでしょう。

チームが強くなるには
チーム内での競争が不可欠です。


近いうちに香川選手、本田選手、
岡崎選手を脅かす選手も
現れると日本代表も
さらに強くなっていくでしょう。

ad

Sponsored Link

関連記事

もっとも旅行したい国ナンバーワン!スリランカの魅力とは?

「光輝く島」スリランカはインドの南に 位置する島国です。 「インド洋の真珠」とも言われて

記事を読む

2014年W杯ベスト4を予想してみた

2014年FIFAワールドカップブラジル大会も ベスト8まで出揃い、 いよいよ残り二週間をきって

記事を読む

21世紀初の独立国・東ティモールの観光情報

2002年5月20日に独立を達成し、 21世紀最初の独立国として新たな道を 歩み始めた東

記事を読む

世界を旅するザップ一家とは?クラシックカーで14年間も!?

世界旅行。 それは多くの人が憧れる夢の一つです。 が、世界旅行をしたことのある人、 あ

記事を読む

エリザベス・コランの出身地・バヌアツのおすすめ観光地

エリザベス・コランさんは 日本でたった一人のバヌアツ出身の外国人です。 バヌアツは南太平洋に

記事を読む

エキゾチックなモロッコの超おすすめ4スポット

インド・エジプトと共に 「世界三大ウザい大国」の一つである モロッコ。 国がウザいというか

記事を読む

釣りに人気!オーストラリア最大の淡水魚マーレイコッドとは?

島国ではなく一つの大陸が まるごと国になっている オーストラリアには 多種多様な生物が存在しま

記事を読む

グリーンファーザーこと杉山龍丸とは?インドを緑に変えた男

砂漠に覆われたインドを緑に変え、 インド人から尊敬されている 日本人、それが 杉山龍丸(すぎや

記事を読む

アナザースカイに登場するピアニスト辻井伸行はこんなにすごい!

ゲストが海外にある第二の故郷を 訪れる番組「アナザースカイ」。 1月2日(金)のゲス

記事を読む

ワイトモケーブよりすごいハーウッズ・ホールが世界一の洞窟?

大自然の広がるニュージーランド。 まるで絵画のような世界が いたるところで見られる 素晴ら

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑