*

ついにミラノ・ダービーで日本人対決が実現!本田&長友

ついに日本サッカーにおいて
歴史的な日がやってきました。

世界でも注目される伝統の一戦、
ACミラン対インテル・ミラノの
ミラノ・ダービーで
日本人対決が実現しました。

derby-milan-inter

ミラノ・ダービーは同一のスタジアム
(サン・シーロ)を拠点とする
ミランとインテルが対戦する
ローカルダービーのことです。


ローカルダービーはたくさんありますが、
ミラノ・ダービーが世界から注目される
理由、
それはUEFAチャンピオンズリーグで
優勝経験のあるクラブ同士による
唯一のローカルダービーだからです。


今回のミラノ・ダービーでは、
インテル所属のDF長友佑都選手が
フル出場、
そしてミラン所属のMF本田圭佑選手が
後半途中から出場しました。

結果は1-1の痛み分けとなり、
勝ち点1ずつを分けあっています。

140428_milanoderby-500x335


長友選手は得点に絡む活躍をし、
本田選手は途中出場ながら
惜しいシュートを放つなど
さすがは日本を代表する
2大選手という動きを両者とも
この大舞台で見せています。


辛口で知られるイタリアの
地元メディアも
長友選手に対して
「スタメンでやっていける」、
本田選手に対して
「トーレスの代わりに先発で
よかった」と
及第点を得ています。


本田選手はぜひスタメンで
出てほしかったですね〜。

日本代表の試合で疲れが
残っていたとはいえ、
今シーズンずっとスタメンで
出続けていて、
まさかのミラノ・ダービーで
初ベンチスタートは
本人もかなり悔しかったに
違いありません。


それでもミラノ・ダービーで
日本人対決が実現したのは
やはり昔の日本サッカーからは
考えられないことなので
すごいと思います。


次回は両者ともスタメンフル出場で
得点をあげてくれたら、
日本サポーターのテンションは
かなりあがるでしょう。(^^)


今後もこの2人に日本、
そしてミランとインテルそれぞれの
クラブを引っ張っていってほしいですね!

ad

Sponsored Link

関連記事

ワイトモケーブよりすごいハーウッズ・ホールが世界一の洞窟?

大自然の広がるニュージーランド。 まるで絵画のような世界が いたるところで見られる 素晴ら

記事を読む

エキゾチックなモロッコの超おすすめ4スポット

インド・エジプトと共に 「世界三大ウザい大国」の一つである モロッコ。 国がウザいというか

記事を読む

セカホンで特集されるオランダの魅力って何?

7月9日のセカホンこと 「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」 では西ヨーロッ

記事を読む

ヨーロッパで話題沸騰中の「バブルサッカー」は新感覚スポーツ?

ヨーロッパではすでに大人気! 話題沸騰中の新感覚スポーツが 「バブルサッカー」です。

記事を読む

極寒東チベットの聖地ラルンガルゴンパへ

2015年12月26日(二日目)、東チベットの秘境そして聖地。 成都(チェンドゥ)→色達(セルタ)

記事を読む

シメはおばあちゃん!?本場スイスのチーズフォンデュ!

マッターホルンをはじめとした アルプス山脈や氷河など スケールの大きな自然を有するスイスでは、

記事を読む

英語で落語?メルボルンで活躍する笑福亭笑子とは?

落語といえば江戸時代に成立し、 日本の伝統的な話芸の一種です。 その落語をなんと英語を使い、

記事を読む

ガンバ大阪が浦和レッズに完勝!三冠の可能性

11月22日(土)に行われた 天王山、首位浦和レッズ対2位ガンバ大阪の 一戦は終盤の2ゴールで

記事を読む

実際行ったからわかる!世界のおすすめ観光地・絶景14選

最近はテレビや本などで 世界の観光スポットや絶景がたくさん 紹介されるようになってきました。

記事を読む

いつかなくなると言われる自然の風景9選

世界で4番目に広かったアラル海が ほぼ消滅したことが話題になっています。 アラル海は中央アジ

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑