*

釣りに人気!オーストラリア最大の淡水魚マーレイコッドとは?

島国ではなく一つの大陸が
まるごと国になっている
オーストラリアには
多種多様な生物が存在します。

カンガルーやコアラ、
エリマキトカゲなど
日本でもよく知られている
生物がたくさんいますね。(^^)


ところでみなさんはマーレイコッドという
生物をご存知ですか?

オーストラリア内陸部の源流にのみ
生息する世界最大級の淡水魚です。

今回はマーレイコッドについて
ご紹介したいと思います。


[巨大肉食魚マーレイコッドとは?]

マーレイコッドは
オーストラリアで最も大型の淡水魚で
世界的に見ても最大の部類に入る
巨大肉食魚です。

Murray_cod02_melb_aquarium

ピラルクー、ナイルパーチとともに
世界三大淡水魚として知られています。

オーストラリアの先住民族である
アボリジニから「グードゥー」と呼ばれ
大きな魚を意味するとともに
アボリジニ神話にも登場し、
崇拝の対象ともなっている
偉大な魚なのです。


釣り人にも絶大な人気を誇る
マーレイコッドはさすがは
世界三大淡水魚なだけあり
やはり巨大で、
公式記録では最大1.8m、
113kgのものが存在しています。

まさに怪物級の大きさですね。

シーズンは9月〜5月初旬までで
9月〜12月は大型が狙え、
1月〜4月は数が狙えるそうです。

肉食魚なのでルアーへの反応もよく
ルアーフィッシャーなら
ぜひとも一度は挑戦したいものですね。


[世界一盛り上がる釣り大会]

オーストラリアでは
世界一盛り上がる釣り大会
「コッドクラシック」が
開催されています。

コッドクラシック2014は昨年の
12月6・7日に行われました。

ターゲットはもちろんマーレイコッド!
なんと3000人もの釣り師が
巨大淡水魚目当てに参加するというから
すごいですね。

1月18日(日)の
「世界の果てまでイッテQ!」では
お祭り男こと宮川大輔が
参加している様子が放送されるので
いかに盛り上がっているかが
わかりそうですね。(^^)


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

世の中には想像を絶するような
生物がたくさんいますね。


ちなみに2010年に滋賀県琵琶湖で
マーレイコッドが捕獲されています。

日本では観賞用として流通しているので
誰かが放流したのでしょう。

本来の生態系を崩さないためにも
きちんと責任をもって
楽しんで欲しいですね。

ad

Sponsored Link

関連記事

ボツワナの生活事情と小ネタ集

みなさんボツワナってどこにあるか ご存知ですか? 7月4日に放送される 「世界の村

記事を読む

世界一の富豪がいるブルネイってどんな国?木村さんとは?

ブルネイ・ダルサラーム国は ボルネオ島北部に位置する 東南アジアのイスラム教国です。

記事を読む

ラオスの国家資格?ついに象使いライセンス取得

2016年1月10日(十七日目)、象が大好きになる。 ルアンパバーン 五時前に目が覚めたので

記事を読む

欧米人に大人気!ラオス古都ルアンパバーンへ

2016年1月9日(十六日目)、世界遺産の街ルアンパバーン。 ウドムサイ→ルアンパバーン 早

記事を読む

筋肉痛?体調不良?体が動かない

2016年1月11日(十八日目)、動けない。 ルアンパバーン 夜明け前から何か体の調子がおか

記事を読む

まるで宇宙!世界一の棚田の夜明け

2016年1月4日(十一日目)、異次元の絶景。 元陽(ユェンヤン) 早朝6時過ぎに宿を出発す

記事を読む

極寒東チベットの聖地ラルンガルゴンパへ

2015年12月26日(二日目)、東チベットの秘境そして聖地。 成都(チェンドゥ)→色達(セルタ)

記事を読む

ラオス北部の交通の要ウドムサイへ

2016年1月8日(十五日目)、ラオスで初マッサージ。 ルアンナムター→ウドムサイ 7:30

記事を読む

アジアのラストフロンティア!ミャンマーへ行ってみた

民主化を実現し、国際社会に復帰して 現在急成長中のミャンマーは 「アジアのラストフロンティア」と

記事を読む

世界を旅するザップ一家とは?クラシックカーで14年間も!?

世界旅行。 それは多くの人が憧れる夢の一つです。 が、世界旅行をしたことのある人、 あ

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑