*

桃源郷シャングリラへの道のりは史上最悪

公開日: : 最終更新日:2016/01/30 海外ネタ , , , ,

2015年12月31日(七日目)、過酷極まりないシャングリラへの道。
郷城(シャンチェン)→香格里拉(シャングリラ)

6時20分にシャンチェンを出発する。

今日で四川とはお別れ、雲南に入る。


辺りはまだまだ真っ暗だ。

真っ暗闇の中、大型バスは山を下っていく。

光はバスのライトのみ。

かなりの細い道を猛スピードでかけていく。

夜が明け始め、周りの景色が見えてくる。

ふと外を見ると、
まるで宙に浮いているようなものすごい崖すれすれのところを
進んでいた。

バスの目線は高いので本当に数センチでもずれると
落ちるのではないかというくらいギリギリのところを
もうスピードで下っていく。

雪道なんておかまいなしだ。

半端ないぜ、中国人ドライバーよ。

そしてあまりに悪路過ぎて何度も飛び跳ねて頭を窓にぶつける。

ジェットコースター以上の絶叫マシーンをありがとよ。

おそらくシャングリラまでの道のりの9割はこの危険な崖道を降っていたような気がする。

シャングリラへは13時頃に着いた。

思っていたよりかなり早い。

それに関してはラッキーである。

預けておいた荷物はバスの中の荷物置き場にあったのにもかかわらず、
ビショビショの泥だらけ。

最悪である。

IMG_20151231_140902
悪臭漂うバックパックを背負い、
バスターミナルから旧市街方面へ移動することに。

シャングリラ、桃源郷のイメージとは程遠く、
かなりの都会の街である。

全然普通の街ではないか。

が、旧市街に着くと少し雰囲気が変わる。

古い建物が多く、趣がある。

日本で言うならば京都のような感じ。

そこで宿を探す。

ニューイヤーイブなので、宿が見つけられるか少し不安だったが、
けっこうあっさり見つけることができた。

IMG_20151231_164042
中国に来て史上最高のコスパを誇る宿である。

トリプルルームを一人で使え、暖房付き、部屋は広く、
トイレも洋式。もちろんホットシャワー、wifi付き。

しかもオフシーズンだからか、こんなに良い宿なのにたったの70元!

昨日泊まった最悪の宿が60元だったことを考えると、
いかにコスパが良いかがわかる。

さらに共用スペースには広い洗濯物干し場が。

部屋に入ってすぐにシャワーを浴び、溜まっていた洗濯物を洗う。

ドロドロのバックパックカバーとバックパックを干せたのが
かなり大きい。

天気もすごく良く、今までいた場所ほどは寒くなかったので
かなり気持ちよく過ごせた。

DSC_0453
石畳を歩きながら、心地よい風を感じながら、
日光を浴びる。

DSC_0476
ここにたどり着くまでにいろいろなことがあった分、
あまりに心地よすぎるシャングリラはやはり桃源郷だった。

そもそもシャングリラという地名が実在するとは、
今回の中国の旅が決まるまでは知らなかった。

「桃源郷・シャングリラ」は幻の地だと思っていた。

DSC_0443
シャングリラはヤク肉が名物らしく、ヤク鍋を食べた。

DSC_0480
肉がとても柔らかく美味しかった。

そして噂のバター茶。

DSC_0481
ミルクティーのバター味って感じで
私は結構好きである。

ニューイヤーイブではあるが、特にイベントなどもなく
部屋に戻ってゆっくりする。

どこか遠くから花火の音がポツポツ聞こえたが、
別に新年を祝っているような感じでもないくらい小さかった。

私自身、いまシャングリラにいることがとても幸せで、
新年なんてどうでもよかった。

普段と変わらない、ただの一日である。




 

本日の費用

タクシー(バスターミナル→旧市街) 10元
宿(二泊分) 140元
ヤク鍋とバター茶 81元
ヤクジャーキー 3元

ad

Sponsored Link

関連記事

ラオスのバス移動はだから嫌い

2016年1月17日(二十四日目)、首都ビエンチャンへ。 バンビエン→ビエンチャン 楽しかっ

記事を読む

エキゾチックなモロッコの超おすすめ4スポット

インド・エジプトと共に 「世界三大ウザい大国」の一つである モロッコ。 国がウザいというか

記事を読む

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャン 朝食はメコン川沿い近

記事を読む

極寒東チベットの聖地ラルンガルゴンパへ

2015年12月26日(二日目)、東チベットの秘境そして聖地。 成都(チェンドゥ)→色達(セルタ)

記事を読む

ヤチェンからリタンまで大移動

2015年12月29日(五日目)、本日は移動のみ。 亚青(ヤチェン)→甘孜(カンゼ)→新龍(シンロ

記事を読む

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(シャンハイ)→那覇 昆明

記事を読む

シメはおばあちゃん!?本場スイスのチーズフォンデュ!

マッターホルンをはじめとした アルプス山脈や氷河など スケールの大きな自然を有するスイスでは、

記事を読む

「フルハウスのジョーイおじさん」デイブ・クーリエの結婚相手は?

アメリカのシチュエーション・コメディで 大人気の「フルハウス」にジョーイおじさんとして 出演して

記事を読む

21世紀初の独立国・東ティモールの観光情報

2002年5月20日に独立を達成し、 21世紀最初の独立国として新たな道を 歩み始めた東

記事を読む

沖縄から中国・ラオス旅の記録2016

2015年12月25日から2016年1月22日まで沖縄からバックパック背負って 中国・ラオスを一人

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑