*

世界一の棚田がある元陽へ

公開日: : 最終更新日:2016/01/30 海外ネタ , , , , , ,

2016年1月3日(十日目)、天空に広がる無数の鏡。
建水(ジェンシュイ)→元陽(ユェンヤン)

元陽へ行くには注意しなければならない。

行政の中心である南沙鎮行き、
そして観光の起点である新街鎮行きと二パターンあるからだ。

私のように観光客らは新街鎮を目指す。

建水から新街鎮へは11:34発のバスで行く。

バスターミナルに早めに着いたが、
新街鎮行きのチケットはなぜか11時になるまで買えなかった。

元陽には15時に到着する。

山をガンガン上り、高原にある街である。

まずはお約束の宿探し。

少数民族の衣装が可愛い。

DSC_0636
DSC_0638
バスターミナルから坂を登って行くと、
影友恋酒店というゲストハウスを見つけたので
そこに決める。

IMG_20160103_173332
こちらの宿は地球の歩き方にも載っていた。

主な棚田は街から結構離れているので大抵の人は
タクシーチャーターか、
乗り合いバンでそれぞれの棚田を周る。

私の場合は、明日宿の主が350元で車を出してくれるということで、
時間もないしそれに参加することにした。

今日は街中だけぶらぶらしようと思っていたが、
夕日が見れそうな時間だったので
乗り合いバンに乗って壩達梯田(はたつていでん)へ向かう。

元陽最大規模の棚田で、
夕日スポットらしい。

棚田を見る前にチケットを買う必要がある。

他の主の棚田との共通券で100元(二日間有効)。

中国の観光地の入場料は金がかかる。

山道を少し歩いて行くと展望台にはカメラを持った観光客が
横に並んでいる。

そして目の前に現れたのは

度肝を抜くほどの壮大過ぎる棚田が広がっている。

DSC_0647
これは本当にすごい。

今までこのような景色は見たことがない。


標高の高いこの天空に無数の鏡が広がっている。


ハニ族が1300年もかけて築き上げた世界一の棚田は
まさにアートである。

DSC_0666

2013年には世界文化遺産にも登録されており、
自然と人間の創りだしたものが見事な絶景を生み出し、
しばらく絶句した。

太陽が沈む直前に雲で隠れてしまい、
残念ながら夕日を見ることはできなかったが、
それでも満足である。

暗くなり、寒くなってきたので
駐車場まで行って街まで戻ろうとすると、
乗り合いバンが全くないではないか。

考えが浅はかだった。

駐車場へ行けばどうせいくつか乗り合いバンが
待機しているだろうと思っていたが、
なかった。

車でも20~30分かかった山道を歩いて帰るのか。。。

犬が怖い。。。

が帰るしかないのでトボトボと歩き出す。

と、そこでたまたま一台の車が通りかかり、
なんと40元で街まで乗せて行ってくれるという。

親切すぎるぜ中国人!

しかも途中で棚田があったので止まってくれたりと
優しすぎる。

DSC_0692
「シェイシェイ」

街に無事に着き、夕食を食べて宿に戻った。




 

本日の費用

市バス(建水・旧市街→バスターミナル) 2元(本当は1元だが乗り間違えた)
朝食 10元
トイレ 1元
水 1元
バス(建水→新街鎮) 43元
宿(二泊分) 120元
棚田ツアー 350元
ポテト 5元
乗り合いバン(壩達梯田まで) 20元
送迎(新街鎮まで) 40元
棚田チケット 100元
炒飯 6元
ジュース 4元

ad

Sponsored Link

関連記事

空飛ぶピザ!ロシアのドードーピザが無人機での配達を開始!動画あり

空飛ぶピザ!? 誰かがイタズラでフリスビーのように 投げたのでしょうか? いやいやそんなことは

記事を読む

イタリアで社会問題化するマンモーネとは?

突然ですがイタリアのイメージって どんなものが思い浮かびますか? ピザ、パスタ、サッ

記事を読む

見たら涼しくなる世界の滝9選

連日暑い日が続いていますが みなさんどうお過ごしでしょうか? 私は冷房の効いたスーパーや

記事を読む

グリーンファーザーこと杉山龍丸とは?インドを緑に変えた男

砂漠に覆われたインドを緑に変え、 インド人から尊敬されている 日本人、それが 杉山龍丸(すぎや

記事を読む

ワイトモケーブよりすごいハーウッズ・ホールが世界一の洞窟?

大自然の広がるニュージーランド。 まるで絵画のような世界が いたるところで見られる 素晴ら

記事を読む

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャン 朝食はメコン川沿い近

記事を読む

謎の洞窟?夕日がキレイなバンビエン

2016年1月16日(二十三日目)、自転車探検。 バンビエン 朝から快晴だったので自転車で街

記事を読む

21世紀初の独立国・東ティモールの観光情報

2002年5月20日に独立を達成し、 21世紀最初の独立国として新たな道を 歩み始めた東

記事を読む

世界のおすすめニューイヤーイベント2014〜2015

こんにちは。 もうすぐ2014年も終わってしまいますね。 1年って本当にあっという間です

記事を読む

プーシーの丘からメコンと夕日を眺める

2016年1月13日(二十日目)、全力ではすごいと思わない。 ルアンパバーン お腹の調子もだ

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑