*

まるで宇宙!世界一の棚田の夜明け

2016年1月4日(十一日目)、異次元の絶景。
元陽(ユェンヤン)

早朝6時過ぎに宿を出発する。

辺りはもちろんまだまだ真っ暗である。

ところで昨夜は全然眠ることができなかった。

0時過ぎ、いきなり

「コケッコッコー」

と全力で鳴く声が聞こえたからだ。

一度ならずもそこからずっとである。

ここのニワトリはアホなのか。

さて、車は真っ暗な山道を進んでいく。

朝食は村のヌードル屋で食べる。

IMG_20160104_074945
近くに小学校があり、子どもたちが登校している。

こんなに真っ暗なのに小学生が登校している風景は
何かとても違和感を感じるが、
なんと7時から学校が始まるらしい。

みんな早起きで健康的だ。

街の中心部から23kmほどのところにある多依樹梯田(たいじゅていでん)は、
朝日のスポットであり、
展望台にはすでにたくさんの三脚が並んでいた。

辺りはまだまだ暗いが、
棚田だけが空の少しの光を反射して輝いて見える。

眼下には小さな宇宙が広がっている。

空が明るくなうに連れて天空に広がる無数の鏡たちは
輝きを増す。

DSC_0694
あまりの絶景に息を呑む。

無言でシャッターを切り続ける。

そして夜が明け、太陽が顔を出す、

DSC_0740
もまたしても雲が邪魔をし、

朝日を反射する棚田を見ることはできなかった。

次にハニ族民俗村へ向かう。

実際に生活してる村を、
そのまま民俗村として公開しているので
ハニ族のリアルな生活を見ることができる。

細い道を水牛が並んで歩いていたり、
ニワトリが親子で縦横無尽に駆け回っている。

DSC_0809
すごくのどかで、古き良き田舎の風景がそこには広がっていた。

DSC_0828
昼になり、一度休憩ということで宿に戻る。

次は夕方に再び出発するらしい。

棚田にはとても満足しているが、
これで350元はかなり高い。

時間ができたので、
バスターミナルへ行き明日の昆明行きのチケットを買いに行く。

夕方になり、
昨日訪れた壩達梯田(はたつていでん)へ。

が、

またしても直前で雲がかかり、
夕日で輝く棚田を見ることはできなかった。

ツイてないがこれが自然である。

世界一の棚田を見に来れて本当に良かった。

今まで見た絶景の中で、
おそらく一番ではないかというくらいの素晴らしいものであった。




 

本日の費用

ヌードル 10元
バスチケット(元陽→昆明) 137元
回鍋肉 23元
コーラ 5元
炒飯 6元
水 2元

ad

Sponsored Link

関連記事

行ってよかった世界の美しい街10選

世界には美しい街がたくさんあります。 日本にも良い街はたくさんありますが、 日本では決して見

記事を読む

世界の常識は日本の非常識?世界のおもしろ写真10選

日本でよく「常識やぞ!」っていう人 いますよね。 それは 自分の中で思い込んでいる

記事を読む

景洪から国際バスで国境越え、ルアンナムターへ

2016年1月7日(十四日目)、バイバイ中国、ハローラオス。 景洪(ジンホン)→勐腊(モンラー)磨

記事を読む

ニュージーランドのココは行くべきベスト10!

突然ですが、ニュージーランドって 行ったことありますか? ものっすごく良いところなんですよ!

記事を読む

アジアのラストフロンティア!ミャンマーへ行ってみた

民主化を実現し、国際社会に復帰して 現在急成長中のミャンマーは 「アジアのラストフロンティア」と

記事を読む

ラオス北部の交通の要ウドムサイへ

2016年1月8日(十五日目)、ラオスで初マッサージ。 ルアンナムター→ウドムサイ 7:30

記事を読む

ビエンチャンのナイトマーケット

2016年1月19日(二十六日目)、メコン川近くへ移動。 ビエンチャン 朝はNaked es

記事を読む

絶景!魅力溢れる世界のおすすめ旧市街5選

昔の街並みがそのままの姿で 残っている旧市街。 活気に満ち溢れていたり ノスタルジックな雰

記事を読む

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(シャンハイ)→那覇 昆明

記事を読む

親日国パラグアイってどんな国?観光や治安は?

パラグアイってどんな国か 知っていますか? 名前は聞いたことあると 思いますが、

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑