*

元陽からシーサンバンナまで大移動

2016年1月5日(十二日目)、皮肉なほどの快晴。
元陽(ユェンヤン)→昆明(クンミン)→西双版納(シーサンバンナ)

とても美しい夜明けだった。

IMG_20160105_090207
雲海はあるが、空には雲一つない快晴である。

バスターミナルまで歩きながら、
今日棚田のサンライズを見た人は
とんでもない絶景が見れたろうなと悔しがる。

早めに着いたので、
近くの食堂でヌードルを食べる。

中国の朝食はヌードルが一番。

IMG_20160105_091212
新街鎮を9:05に出発し、
昆明まで八時間のプチ長旅である。

大都市は好きじゃないので、
昆明ではなるべく一泊したくない。

昆明南バスターミナルに到着し、
シーサンバンナの首府都市である景洪(ジンホン)行きのタイムテーブルを見る。

一時間に1〜3本とけっこうな本数が出ているので、
到着時刻を逆算して最終である22時の便に乗ることにした。

真夜中についても宿探すのめんどくさいし、
夜行便にすることで宿泊費を一泊分浮かせられるからだ。

さて、出発時刻まで五時間もある。

やることがない。

ご飯食べたり、コンビニ覗いたり、トイレ行ったり。

さすがに五時間は長すぎる。

時間までぼーっとしていた。

そしてようやく出発時間になり、
バスに乗り込む。

なんと寝台バスではないか。

二段ベッドが所狭しと並べられている。

IMG_20160105_223149
かなりラッキーだ。

横になりながら目が覚めたら景洪に着いているパターンではないか。

高速道路を走っているのか、
かなり快適だった。

そして四時間後、大型バスがたくさん停まっている場所に到着する。

トイレ休憩か。

と思ったが、バスがエンジンを切る。

なんとこの駐車場でバスの中で三時間眠るのである。

それって寝台バスの意味ないんじゃ・・・

寝台バスって夜中眠っている間に走行し、
翌朝着くっていうやつじゃ・・・

日本の常識は世界の非常識なので、
郷にいれば、郷に従います。

景洪にはいったい何時に着くのだろうか。




 

本日の費用

ヌードル 7元
バスチケット(昆明南バスターミナル→景洪) 247元
青椒肉絲炒飯 18元
ガム 2元

ad

Sponsored Link

関連記事

欧米人に大人気!ラオス古都ルアンパバーンへ

2016年1月9日(十六日目)、世界遺産の街ルアンパバーン。 ウドムサイ→ルアンパバーン 早

記事を読む

21世紀初の独立国・東ティモールの観光情報

2002年5月20日に独立を達成し、 21世紀最初の独立国として新たな道を 歩み始めた東

記事を読む

サンマリノってどんな国?アニメルパン三世の新舞台!

なんと30年ぶりに「ルパン三世」の テレビアニメの新シリーズが 製作されることが明らかになりまし

記事を読む

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャン 朝食はメコン川沿い近

記事を読む

爬虫類好きにおすすめ!世界の4大観光スポット

動物が好きな人って けっこう多いと思いますが、 たいていイヌとかネコなどの 哺乳類ですよね。

記事を読む

スター選手が集まるインド・スーパーリーグとは?

たまたまニュースを見ていたら、 なんとあの元イタリア代表の スーパースター、 アレッサンドロ・

記事を読む

世界の湖のほとりでのんびりできる街6選

世界にはたくさんの湖があります。 そしてその湖のほとりには 街があり、人が住んでいます。

記事を読む

ダイアナ・ナイアドがフロリダ海峡横断直後に語った3つの言葉

2013年9月2日午後2時前(現地時間)、 当時64歳だったアメリカの 遠泳選手であるダイアナ・

記事を読む

エルサルバドルってどんな国?治安は?

7月7日の「世界ナゼそこに?日本人」で エルサルバドルに嫁いだ日本人妻が 特集されます。

記事を読む

アジアのラストフロンティア!ミャンマーへ行ってみた

民主化を実現し、国際社会に復帰して 現在急成長中のミャンマーは 「アジアのラストフロンティア」と

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑