*

景洪から国際バスで国境越え、ルアンナムターへ

2016年1月7日(十四日目)、バイバイ中国、ハローラオス。
景洪(ジンホン)→勐腊(モンラー)磨憨(モーハン)→ボーテン→ルアンナムター

景洪を10:40に出発し、13:40にモンラーへ到着。

IMG_20160107_111340
昼食休憩を挟み、

モンラーを14:25に出発し、中国の国境モーハンには15:25に到着する。

出国手続きのためバスを降りるが預け荷物はそのままバスに残してよいらしい。

ノービザ最大15日滞在可能だったのを

結局14日で中国を出ることになった。

陸路国境越えなので、

万が一のトラブルに備えて余分に一日早く出ることにしたのだ。

あっさり出国手続きを終え、

再びバスに乗り、

ラオスの国境ボーテンへ向かう。

IMG_20160107_165013
といっても一瞬で着くので再びバスを降り、

今度は入国手続きを行う。

この時も預け荷物はバスに残しておいて大丈夫だった。

新たな国に入国するのになんてゆるいんだ。

ラオス入国もあっさり終えた。

アジアの陸路国境越えってこんなにゆるかったっけ?

東南アジアへ入った。

ラオスもノービザ最大15日滞在可能である。

ラオスの首都ビエンチャンから那覇行きのエアチケットは
すでに買っており、よく見たら出国日がちょうど15日目だった。

何も考えていなかったので危なかった。

ボーテンを16:25に出発する。

といっても中国とラオスは時差が一時間あるので

正確には15:25だ。

ラオス。

何もない。

ルアンナムターへ行く道中は山ばかり。

そして道路も一気に悪くなる。

国境を超えただけで時間も変われば道路も変わる。

そして当たり前だが人も変わる。

とても静かでおとなしい。

中国人とは真逆すぎて、

そのギャップにびっくりする。

むしろ中国の環境に慣れていたので
ラオスが静かすぎて何か寂しいというか物足りないというか。

IMG_20160107_183925
ルアンナムターには17:40に着いた。

宿はアゴダであらかじめ予約しておいた。

IMG_20160107_190938
荷物を置き、ATMでラオスの通貨キップをおろす。

桁が大きすぎて計算が面倒である。

※10000キップが150円くらい。

ナイトマーケットへ行くが、初めて見るぐらい小さいナイトマーケットで
ある意味新鮮だった。

IMG_20160107_192834
ルアンナムター、

気に入ったら4泊ぐらいしようと考えていたが、

あまりに何もなさすぎるので明日移動することにする。

ラオスでは中国とは違ってほとんど行きたい場所を
決めていなかったので、
日程にはかなり余裕がある。

宿のスタッフにウドムサイ行きのチケットを
予約してもらい、
早めに寝ることにした。




 

本日の費用

ヌードル 6元
トイレ 1元
宿 1611円(ネットでクレジット払い)
ナイトマーケットで夕食 64000キップ
バスチケット(ルアンナムター→ウドムサイ※宿までのピックアップ込) 60000キップ

ad

Sponsored Link

関連記事

滝藤賢一も感動したシチリア島のタオルミーナってどんなとこ?

今最も話題の俳優の1人でもある 滝藤賢一さん。 2013年の夏に放送されたドラマ「半

記事を読む

実際行ったからわかる!世界のおすすめ観光地・絶景14選

最近はテレビや本などで 世界の観光スポットや絶景がたくさん 紹介されるようになってきました。

記事を読む

自然が生み出したアメリカのおすすめ絶景6選

アメリカといえばニューヨークや ロサンゼルスなどの大都会を イメージしがちですが、 実は魅力的

記事を読む

ELTの持田が挑戦するホノルルマラソンとは?

Every Little Thingは 2月から全国34箇所で実施中のロングツアー 「E

記事を読む

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人旅してきました。

記事を読む

もっとも旅行したい国ナンバーワン!スリランカの魅力とは?

「光輝く島」スリランカはインドの南に 位置する島国です。 「インド洋の真珠」とも言われて

記事を読む

高見さんのパールファームがある金曜島での生活とは?

みなさんは金曜島(フライデーアイランド)をご存知ですか? 人口がたったの10数人しかいない金曜

記事を読む

クリスマスに中国!?那覇から成都へ

2015年12月25日(一日目)、旅立ちの日。 那覇→〜中国〜上海トランジット→成都(チェンドゥ)

記事を読む

千島湖に沈む古代都市が幻想的!まさに中国版アトランティス!

アトランティスとは古代ギリシャの 哲学者プラトンが著書「ティマイオス」及び 「クリティアス」の中

記事を読む

世界50カ国以上放浪した元祖バイブス姐さん・岡本まいとは?

1997年から世界52カ国を 女一人旅で周ったという 岡本まいさん。 6年前からカ

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑