*

ラオスの国家資格?ついに象使いライセンス取得

2016年1月10日(十七日目)、象が大好きになる。
ルアンパバーン

五時前に目が覚めたのでルアンパバーン名物の托鉢を
見に行くことにする。

宿から歩くこと20分ぐらいで托鉢有名スポットにたどり着く。

五時半から始まると思っていたのだが、
全然始まらず結局六時過ぎ頃から始まった。

が、あまりにルアンパバーンの托鉢が有名すぎるからか、
托鉢までもが観光地化されていた。

まずお坊さんの通る道には観光客用に椅子が用意されており、
お坊さんに托鉢するようの食べ物も売っている。

IMG_20160110_073343
IMG_20160110_084419
完全に興ざめである。

私の中では完全にがっかりスポットになってしまった。


宿に戻り、乗り合いバンが迎えに来る。

どうやら象使い以外に他の観光客も一緒に行くようだ。

だいたい一時間ぐらいでエレファントビレッジに着くが、
象に乗る前に村で地域の特産物の説明や、土産屋めぐりをする時間がある。

そしてようやく象のいる場所へ。

おおー象だ!

象がたくさんいる。

生後五ヶ月の赤ちゃん象がいて、
コイツがかなりかわいい。

IMG_20160110_122126
ここまで近くで赤ちゃん象を見るのは初めてだ。

後ろにはお母さん象もいる。

赤ちゃん象ばかりにさとうきびのエサをあげていると、
後ろのお母さん象が急に鼻を地面にベシっと叩き、
怒りだした。

ので、お母さん象にもさとうきびをあげる。

さあ、いよいよ象使いの講習が始まる。

象使いのことをマホートと呼ぶが、
マホートとはそもそも昔いたインド人の象使いの人の名前らしい。

確か象使いの教官がそう言ってた気がする。

まずは象使いが象の頭に乗り、
私たちは二人組で象の背中に乗りジャングルの中を進む。

これは他の観光客と同じなので
特に難しいことはない。

そして次に座学である。

象に命令するために、
象の言葉を覚えなければならない。

ホワイトボードには単語がたくさん並んでいるが、
なんと横に日本語でも意味が書かれているではないか。

IMG_20160110_133423
やはりマニアックな日本人の中で象使いライセンスは
相当流行っているようだ。

モン族の教官も日本語がペラペラだった。笑

そして座学の後はいよいよトレーニングが本格化する。

ちなみに今回象使い講習を受けているのは
私を含めて日本人三人のみである。

一人一頭ずつ象の頭に乗る。

象の後頭部をこんなに間近で見れることはそうそうない。

IMG_20160110_172035
先ほど覚えたばかりの象語を使って命令しながらジャングルの中を
進んでいく。

「パーイ!」

進めという意味だ。

はっきり言ってこれしか使わなかったし、
他の単語は覚えきれなかった。

ジャングルを抜け、象はメコン川に向かって歩き出す。

そしてズボズボと入っていく。

IMG_20160110_165318
けっこう深い。

象はメコンに沈んでいく。

とりあえず落とされないように象につかまってはいるが、
深いので余裕で川の中までつかっていく。

「つ、つめたい」

悪乗りの教官は水を容赦なくかけてくる。

そしてみんな子供のようにはしゃぐ。

めちゃめちゃ楽しい。

昼食休憩を取り、

次にまたジャングルとメコン川のくだりが始まる。

そして象をジャングルに帰し、
私たちは歩いて元いた場所まで戻り、
トレーニングは修了。

かなりスパルタだったが、
参加者誰一人脱落することなく無事に終わった。

エレファントキャンプからマニファトラベルに戻り、
ついに象使いライセンスをゲット!

ラオスの国家資格?という噂もあるが真実かどうかは定かではない。

その後、戦友たちとプーシーの丘で夕日を見て、
メコン川沿いのレストランで夕食を共にし、
モン族の教官が教えてくれたルアンパバーンのクラブに行って
充実の一日が終わった。




 

本日の費用

土産 15000キップ
洗濯 15000キップ
夕食 85000キップ
プーシーの丘 20000キップ
トゥクトゥク(クラブまでの往復) 30000キップ
飲み物 20000キップ

ad

Sponsored Link

関連記事

東南アジアはすぐそこに!シーサンバンナへ

2016年1月6日(十三日目)、街路樹にヤシの木。 昆明(クンミン)→西双版納(シーサンバンナ)

記事を読む

世界の湖のほとりでのんびりできる街6選

世界にはたくさんの湖があります。 そしてその湖のほとりには 街があり、人が住んでいます。

記事を読む

滝藤賢一も感動したシチリア島のタオルミーナってどんなとこ?

今最も話題の俳優の1人でもある 滝藤賢一さん。 2013年の夏に放送されたドラマ「半

記事を読む

NYタイムズで行きたい国第1位のラオス!世界で注目その魅力とは?

東南アジアで最もマイナーな国 といっても過言ではないラオス。 ASEAN10カ国の中で唯一

記事を読む

死ぬまでに見たい世界の紅葉スポット2014

秋は「食欲の秋」「スポーツの秋」 「芸術の秋」などイベント盛りだくさんですが、 私は「紅葉の秋」

記事を読む

ナンに装飾?ウズベキスタンってどんな国?〜スタンの意味は?

シルクロードの中継地として栄え、 その美しさから「シルクロードの宝石」 と言われるウズベキスタ

記事を読む

映画「世界の果ての通学路」の感想〜桜坂劇場にて

はいさーい! 那覇にはとても素敵な映画館があります。 それが桜坂劇場です。 那覇市

記事を読む

ダイアナ・ナイアドがフロリダ海峡横断直後に語った3つの言葉

2013年9月2日午後2時前(現地時間)、 当時64歳だったアメリカの 遠泳選手であるダイアナ・

記事を読む

ブルキナファソの魅力とは?幾何学模様の集落など盛りだくさん!

ブルキナファソっていう国が どこにあるかご存じですか? ここでパッと思い浮かんだ人は

記事を読む

元陽からシーサンバンナまで大移動

2016年1月5日(十二日目)、皮肉なほどの快晴。 元陽(ユェンヤン)→昆明(クンミン)→西双版納

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑