*

ワクワクが始まるバンビエンの景色

公開日: : 最終更新日:2016/02/02 海外ネタ , , ,

2016年1月14日(二十一日目)、いざドラゴンボールの世界。
ルアンパバーン→バンビエン

五泊したルアンパバーンともついにお別れ、
今日はさらに南下してバンビエンを目指すことに。

ルアンパバーンからバンビエンまではだいたい5~6時間と
聞いていた。

行き方は、
乗り合いバン、ノーマルバス、そしてVIPバスがある。

乗り合いバンは好きじゃないし、
ノーマルとVIPにそこまで値段に大差がないので、
今回は乗ったことのないVIPバスにしてみることにした。

おなじみ、トゥクトゥクが宿まで来て、
バスターミナルまで送迎してくれる。

そしてそこには

「VIP」

と大きく書かれたバスが目に留まる。

IMG_20160114_091532
なるほど。

これが噂のVIPバスに違いない。

しかも前日にチケットを買っているのに
わざわざ窓口でチェックインしなければならない。

さすがはVIPだ。

そしてラオスで初の指定席。

これはうれしい。

が、バスにVIPと書いている以外、
どのへんがVIPなのかわからずバンビエンに向けて出発する。

IMG_20160114_094143
相変わらず面白みのない道を永遠と進んでいく。

途中、昼食休憩を挟み、
さらに進んでいくと明らかに景色が変わった。

まさに

「山」

という形の山がぼんと出てきたのだ。

それがいくつか連なり、
若干霧がかっているのでかなり幻想的だ。

その風景はそう、

ドラゴンボールに出てきそうな風景なのだ。

かなりワクワクしてきた。

バンビエンカモン!

予定よりだいぶ遅れてバンビエンに到着。

7時間20分もかかった。

しかもありがた迷惑なことに街の近くっぽい道路で降ろされた。

今回わざわざバスターミナルから徒歩10分ほどのところに
宿を予約したのに、
街の中心はバスターミナルから約2km北である。

そして宿はバスターミナルからさらに北である。

バスターミナルから宿までの地図は頭に入れておいたが、
こんなわけのわからない場所で降ろされるのは想定外だ。

右か左かどちらに行けばいいのかすらわからない。

重いバックパックを背負いながら、
人に聞き、汗だくになりながら同じ道を行ったり来たり、
ストレスはマックスだった。

ようやく宿に到着したのは歩きまわって40分後。

IMG_20160114_194839
全てはあのVIPバスのせいだ。

あんなわけのわからないところで降ろすからこうなったんだ。

機能アゴダで予約しておいたのでチェックインだけ済ませ、
自転車を借りて街の中心部を目指す。

だいたい10~15分ぐらいだ。

ちょうどサンセットタイムだったので
夕日がとてもキレイだった。

DSC_0153
地理さえ覚えればあとはこちらのものだ。

街には相変わらず欧米人と韓国人ばかり。

バンビエンは特に韓国人が多かった。

というか街がコリアンタウンのようになっていた。

だいたいの看板には韓国語が書かれているし、
韓国のコンビニ「K-MART」もあった。

レストランもコリアンBBQがそこら中にあった。

夕食はそのコリアンBBQを食べ、

今日はいろいろ疲れたので宿に戻って休むことにした。




 

本日の費用

飲食 72000キップ
トイレ二回 4000キップ
宿(二泊分) 2512円(クレジット払い済)
自転車レンタル(二日分) 40000キップ

ad

Sponsored Link

関連記事

エルサルバドルってどんな国?治安は?

7月7日の「世界ナゼそこに?日本人」で エルサルバドルに嫁いだ日本人妻が 特集されます。

記事を読む

映画「世界の果ての通学路」の感想〜桜坂劇場にて

はいさーい! 那覇にはとても素敵な映画館があります。 それが桜坂劇場です。 那覇市

記事を読む

欧米人に大人気!ラオス古都ルアンパバーンへ

2016年1月9日(十六日目)、世界遺産の街ルアンパバーン。 ウドムサイ→ルアンパバーン 早

記事を読む

アジアのラストフロンティア!ミャンマーへ行ってみた

民主化を実現し、国際社会に復帰して 現在急成長中のミャンマーは 「アジアのラストフロンティア」と

記事を読む

いつかなくなると言われる自然の風景9選

世界で4番目に広かったアラル海が ほぼ消滅したことが話題になっています。 アラル海は中央アジ

記事を読む

死ぬまでに見たい世界の紅葉スポット2014

秋は「食欲の秋」「スポーツの秋」 「芸術の秋」などイベント盛りだくさんですが、 私は「紅葉の秋」

記事を読む

雲南のポタラ宮、松賛林寺へ

2016年1月1日(八日目)、桃源郷シャングリラから始まる2016。 香格里拉(シャングリラ)

記事を読む

世界50カ国以上放浪した元祖バイブス姐さん・岡本まいとは?

1997年から世界52カ国を 女一人旅で周ったという 岡本まいさん。 6年前からカ

記事を読む

実際行ったからわかる!世界のおすすめ観光地・絶景14選

最近はテレビや本などで 世界の観光スポットや絶景がたくさん 紹介されるようになってきました。

記事を読む

世界一の棚田がある元陽へ

2016年1月3日(十日目)、天空に広がる無数の鏡。 建水(ジェンシュイ)→元陽(ユェンヤン)

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑