*

絶景カフェを発見!風光明媚なバンビエン

2016年1月15日(二十二日目)、のんびりした一日。
バンビエン

バンビエンが気に入ったので、
二泊取っていた宿をとりあえず一泊延長しておく。

バンビエンの魅力はなんといってもまずは
山々に囲まれた風光明媚な景色。

そしてのんびりした空気。

小さな街、あと物価が他の街に比べて
安いところがかなり魅力的だ。

ラオスは東南アジアの他の国と比較しても物価が高い。

なのでバンビエンのような場所はとても助かる。

今日は朝から自転車を飛ばして街まで走る。

すると川沿いにいい感じのカフェを見つけたので
そこで朝食を取ることにする。

カフェの名は

「OTHERSIDE」

良い名前だ。

DSC_0184
長い通路を抜けて一番奥まで行くと、
あの風光明媚なバンビエンの景色を望める席があったので
そこにする。

DSC_0170
これはかなりの絶景カフェだ。

席は広々としており、クッションもあるので
寝転がったりもできる。

フリーWi-Fiはもちろん、
コンセントも付いているのでかなりくつろげる上に
パソコンで仕事もできたりする。

設備はもちろん、
私が最も気に入っているのはやはりこの絶景である。

DSC_0165
絶景に囲まれた静寂の中、
フレンチトーストとシェークで始まる一日は、
かなり贅沢な気分に浸れる。

DSC_0180
クッションにもたれて
しばし最高の時間を過ごしていた。

が、

そこで隣の席に現れた韓国人団体グループ。

ぺちゃくちゃ大きな声でしゃべって
せっかくの最高の環境が台無しになってきたので
私は重い腰を上げることした。

その後は街を自転車でブラブラしたり、
宿に戻って休憩したり。

DSC_0217
夕日の時間が近づいてきたので
再び街まで自転車をとばして夕日を見に行く。

バンビエンの夕日は今まで見てきた夕日の中でも
かなり上位だ。

美しすぎる!

DSC_0232
あの風光明媚な山々が影になり、
そして太陽は沈んでいく。

まるで時間が止まっているような美しさだった。

川、橋、山、そして夕日。

ここは夕日スポットらしく、
良い環境が揃っている。

DSC_0270
そしてバンビエンの一日は過ぎていった。




 

本日の費用

宿(一泊延長) 70000キップ
飲食 105000キップ
マッサージ 60000キップ
自転車レンタル(一日追加) 20000キップ

ad

Sponsored Link

関連記事

ラルンガルゴンパを超えた!?大秘境ヤチェン

2015年12月28日(四日目)、もう一つの秘境、そして聖地へ。 五明佛学院(ラルンガルゴンパ)→

記事を読む

旅人に大人気!アジア最後の秘境ミャンマーとは?ビジネスでも注目!

「アジア最後の秘境」 「ラストフロンティア」 などと言われ、 旅人の間で密かに人気のある ミ

記事を読む

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明(クンミン) フライトは

記事を読む

ビエンチャンのナイトマーケット

2016年1月19日(二十六日目)、メコン川近くへ移動。 ビエンチャン 朝はNaked es

記事を読む

景洪から国際バスで国境越え、ルアンナムターへ

2016年1月7日(十四日目)、バイバイ中国、ハローラオス。 景洪(ジンホン)→勐腊(モンラー)磨

記事を読む

爬虫類好きにおすすめ!世界の4大観光スポット

動物が好きな人って けっこう多いと思いますが、 たいていイヌとかネコなどの 哺乳類ですよね。

記事を読む

セントビンセント島とは?パイレーツオブカビリアンの撮影地

火山島であるセントビンセント島は カリブ海の小アンティル諸島に 位置し、 サンゴ礁のグレナディ

記事を読む

ワイトモケーブよりすごいハーウッズ・ホールが世界一の洞窟?

大自然の広がるニュージーランド。 まるで絵画のような世界が いたるところで見られる 素晴ら

記事を読む

滝藤賢一も感動したシチリア島のタオルミーナってどんなとこ?

今最も話題の俳優の1人でもある 滝藤賢一さん。 2013年の夏に放送されたドラマ「半

記事を読む

英語で落語?メルボルンで活躍する笑福亭笑子とは?

落語といえば江戸時代に成立し、 日本の伝統的な話芸の一種です。 その落語をなんと英語を使い、

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑