*

謎の洞窟?夕日がキレイなバンビエン

2016年1月16日(二十三日目)、自転車探検。
バンビエン

朝から快晴だったので自転車で街へ繰り出す。

朝食はもちろん絶景カフェ「OTHERSIDE」で。

DSC_0165
お気に入りの席はまだ空いていた。

お気に入りのフレンチトーストとシェーク。

すごく美味しいというわけではないけど、
私の中でバンビエンの朝はここから始まる。

始まるとは言っても朝食を食べて寝転がり、
ネットをだらだらしてくつろぐ。

日本では考えられない生活だ。笑

そろそろ動きたくなってきたので自転車でブラブラすることに。

橋を渡り、しばらく走っているとかなりのどかな風景が出てきた。

DSC_0306
DSC_0304
なんか私が勝手に想像していたラオスらしい風景が
まさにそこにはあった。

「のどか」「風光明媚」

この2つの単語はバンビエンのためにあるのではないかと思うほど、

ピッタリ当てはまる。

どんどん奥へと進んでいくと洞窟の看板があった。

そういえば何回か洞窟の看板を見かけていたので、
行ってみることにする。

自転車を止めると小屋から人が出てきて入場料10000キップを徴収される。

ここは観光地なのか?

と言っても私とその村人以外は誰もいない。

あっちの方面にあるよ〜と言われたとおりに歩いて行く。

小さな農道、今にも壊れそうな橋、草むらとどんどん奥へと進む。

するとすごくきれいな水たまりがあった。

泳げそうだが水はかなり冷たい。

そして大きな岩が見えてきて洞窟が顔を出した。

中を覗いてみるが、あまりに天然すぎるのと、
周りに全く人がいないのと、
ライトを持っていないということで
結局中には入らなかった。

中に入って出れなくなったらどうしようという
恐怖があったからだ。

DSC_0332
そして再び元来た道を戻り、
自転車で走り出す。

午前中は風が気持ちよく自転車も快適だったが、
午後になりかなり暑くなってきたので
宿に戻って休憩することにした。

帰りにバスターミナルに寄って
明日のビエンチャン行きのチケットを買っておく。

バンビエンにもう一泊するかかなり迷ったが、
昨日の美しすぎる夕日がバンビエンライフを満たしてくれた。

長居すれば、その環境が当たり前になるので
やはり移動することにした。

夕日の時間がくると再び昨日訪れた夕日スポットに向かう。

なんて贅沢な時間の使い方なんだ。

相変わらずキレイなバンビエンの夕日の風景。

DSC_0384
バンビエンは本当に最高だ。


ノマドライフにはおすすめの場所である。

DSC_0383




 

本日の費用

飲食 122000キップ
バスチケット(バンビエン→ビエンチャン) 60000キップ

ad

Sponsored Link

関連記事

雲南のポタラ宮、松賛林寺へ

2016年1月1日(八日目)、桃源郷シャングリラから始まる2016。 香格里拉(シャングリラ)

記事を読む

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャン 朝食はメコン川沿い近

記事を読む

ダイアナ・ナイアドがフロリダ海峡横断直後に語った3つの言葉

2013年9月2日午後2時前(現地時間)、 当時64歳だったアメリカの 遠泳選手であるダイアナ・

記事を読む

最大9連休の年末年始!世界遺産ホイアンがおすすめな理由

2014年から2015年にかけての 年末年始はなんと最大9連休に なります! 12月27日

記事を読む

旅人に大人気!アジア最後の秘境ミャンマーとは?ビジネスでも注目!

「アジア最後の秘境」 「ラストフロンティア」 などと言われ、 旅人の間で密かに人気のある ミ

記事を読む

英語で落語?メルボルンで活躍する笑福亭笑子とは?

落語といえば江戸時代に成立し、 日本の伝統的な話芸の一種です。 その落語をなんと英語を使い、

記事を読む

元陽からシーサンバンナまで大移動

2016年1月5日(十二日目)、皮肉なほどの快晴。 元陽(ユェンヤン)→昆明(クンミン)→西双版納

記事を読む

21世紀初の独立国・東ティモールの観光情報

2002年5月20日に独立を達成し、 21世紀最初の独立国として新たな道を 歩み始めた東

記事を読む

絶景!冬とのコラボが最強の世界の美しい都市6選

11月も中旬になり、 日本でも冬がどんどん 近づいてきています。 寒い季節は外出も 億劫

記事を読む

エリザベス・コランの出身地・バヌアツのおすすめ観光地

エリザベス・コランさんは 日本でたった一人のバヌアツ出身の外国人です。 バヌアツは南太平洋に

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

→もっと見る

PAGE TOP ↑