*

カオスなテーマパーク ブッダパークへ行ってみた

2016年1月18日(二十五日目)、噂のテーマパークへ。
ビエンチャン

特にビエンチャンでしたいこともなかった私は
ネットで発見したブッダパークという怪しいテーマパークへ
行ってみることにした。

タラートサオのキャピタルバスターミナルから14番のバスで
所要約一時間ほどの少し郊外へ行ったところにある。

ネットで調べると途中の友好橋で降りて乗り換えるようなことが
書いていたが、友好橋で降りずにそのままブッダパークまで行ける。

到着し、バスを降りるとそこにはテーマパークが!

というような雰囲気は全くなく、市民公園ぐらいの小さな敷地が
広がっている。

入場料を払い、中へ入るとそこら中にブッダがたくさんいる。

DSC_0422
ブッダといってもみなさんが知っているようなあの
オーソドックスなブッダではない。

様々なポーズをしたり動物のような風貌をしたブッダなのである。

DSC_0424
DSC_0442
小さな敷地に広がるその光景は

まさにカオスである。

DSC_0436
30分ぐらいで満足したので14番のバスで
キャピタルバスターミナルへと戻る。

宿までの帰り道に雰囲気よさ気なカフェを発見した。

「Naked espresso」

店内はシンプルだがオシャレでコーヒーの種類が
かなり豊富。

IMG_20160118_160635
どことなくオーストラリアにあるカフェを感じながら
Naked espressoについて調べてみると、
やはりオーナーはオーストラリアのカフェで働いていた
経験があった。

私はラテとバナナブレッドをオーダー。

値段はラテがラージサイズで25000キップ、
バナナブレッドが16000キップの計41000キップ(日本円で600円ちょい)。
日本よりほんの少し安いぐらいだ。

IMG_20160118_161234
ラテはかなり好きな味だった。

本当にオーストラリアを思い出す。

ミルクの甘味、そして後からくるコーヒーの苦味。

ドンピシャだ。

バナナブレッドも美味しかった。

日本でお気に入りのカフェをなかなか見つけることができなかったが、
まさかここビエンチャンで出会えるとは。

Naked espressoは二店舗あり、本店であるこちらに加えて
市内中心部のメコン沿いにもあるらしい。

明日からは中心部に移動するのでそちらもかなり楽しみである。




 

本日の費用

市バス(ブッダパーク往復) 6000キップ
ブッダパーク入場料 8000キップ
飲食 121000キップ

ad

Sponsored Link

関連記事

最大9連休の年末年始!世界遺産ホイアンがおすすめな理由

2014年から2015年にかけての 年末年始はなんと最大9連休に なります! 12月27日

記事を読む

一青窈がアナザースカイに出演!生まれ故郷台湾へ

歌手の一青窈さんが 11月28日(金)に放送される 人気番組「アナザースカイ」に 出演します。

記事を読む

世界最長寿の9人兄弟が住むサルデーニャ島のライフスタイル

世界には健康で長生きする人が 多く集まる「ブルーゾーン」という 特殊な地域があります。 イ

記事を読む

ワクワクが始まるバンビエンの景色

2016年1月14日(二十一日目)、いざドラゴンボールの世界。 ルアンパバーン→バンビエン

記事を読む

アンゴラってどんな国?物価が高い都市ランキング1位!

みなさんはアンゴラ共和国(通称アンゴラ)を ご存じですか? 9月23日の「ありえへん

記事を読む

アジアのラストフロンティア!ミャンマーへ行ってみた

民主化を実現し、国際社会に復帰して 現在急成長中のミャンマーは 「アジアのラストフロンティア」と

記事を読む

世界の絶叫したい絶景スポット

世の中には信じられなーいものが たくさんあります。 もちろん、自然にできたものから 人間が

記事を読む

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャン 朝食はメコン川沿い近

記事を読む

自然好きにおすすめしたい国・場所8選

高層ビルに囲まれた都会より、 ありのままの自然が大好きって人、 けっこういると思います!

記事を読む

世界一の富豪がいるブルネイってどんな国?木村さんとは?

ブルネイ・ダルサラーム国は ボルネオ島北部に位置する 東南アジアのイスラム教国です。

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑