*

ビエンチャンのナイトマーケット

2016年1月19日(二十六日目)、メコン川近くへ移動。
ビエンチャン

朝はNaked espressoでフラットホワイトを飲む。
相変わらず美味しい。

重いバックパックを背負って暑い中、
メコン川近くの宿へ移動する。

移動する途中にラオスの凱旋門といわれる
「バトゥーサイ」を見た。

DSC_0458
宿までは40分ぐらいかかった。

背中が痛すぎる。


こちらのゾーンは旅行者向けなので
レストランや食堂、土産物屋や屋台なども多く、
夜にメコン川沿いでナイトマーケットも
行われている。

もうすぐ帰国なのでどうせならと
活気のあるゾーンへと移動することにしたのだ。

とりあえず宿にバックパックを置いて、
そこから街をブラブラすることにする。

IMG_20160119_134939
フェアトレードの店があったのでそこで
お土産を買ったり、
オシャレなカフェでゆっくりしたり。

Jomaベーカリーのアップルパイクロワッサンはおすすめだ。

IMG_20160119_165042
今日の目当てはナイトマーケット。

メコン川の向こうに沈む夕日は太陽の形がはっきりしていて
美しかった。

DSC_0472
そしてなぜかメコン川沿いでエアロビをしている大量の人々を
横目にナイトマーケットへと向かう。

なんてこった!

はっきり言って全く面白くない。

ルアンパバーンのナイトマーケットは完全に旅行者向けなので
良い感じの布や小物がたくさん売っていたのに、
ビエンチャンのナイトマーケットはほとんどが
現地人向けの物だった。

衣服やケータイのバッテリーや充電器、
サッカーのレプリカユニフォームなど。

旅行者向けの土産などは少ししかなかった。

残念。

夜になると旅行者はちらほら街を歩いているが、
思っていたほど活気もなく、
首都の観光地でこれか・・・
というほど静かだった。




 

本日の費用

宿(二泊分) 30ドル
お土産 230000キップ
飲食 130000キップ

ad

Sponsored Link

関連記事

ラオスの国家資格?ついに象使いライセンス取得

2016年1月10日(十七日目)、象が大好きになる。 ルアンパバーン 五時前に目が覚めたので

記事を読む

まさに異次元!赤の絶景ラルンガルゴンパ

2015年12月27日(三日目)、広がる赤の世界そして絶景。 五明佛学院(ラルンガルゴンパ)

記事を読む

桃源郷シャングリラへの道のりは史上最悪

2015年12月31日(七日目)、過酷極まりないシャングリラへの道。 郷城(シャンチェン)→香格里

記事を読む

セントビンセント島とは?パイレーツオブカビリアンの撮影地

火山島であるセントビンセント島は カリブ海の小アンティル諸島に 位置し、 サンゴ礁のグレナディ

記事を読む

雲南のポタラ宮、松賛林寺へ

2016年1月1日(八日目)、桃源郷シャングリラから始まる2016。 香格里拉(シャングリラ)

記事を読む

爬虫類好きにおすすめ!世界の4大観光スポット

動物が好きな人って けっこう多いと思いますが、 たいていイヌとかネコなどの 哺乳類ですよね。

記事を読む

沖縄から中国・ラオス旅の記録2016

2015年12月25日から2016年1月22日まで沖縄からバックパック背負って 中国・ラオスを一人

記事を読む

ようやく四川の麻婆豆腐にありつく

2015年12月30日(六日目)、念願の四川麻婆豆腐。 理塘(リタン)→郷城(シャンチェン)

記事を読む

世界一の富豪がいるブルネイってどんな国?木村さんとは?

ブルネイ・ダルサラーム国は ボルネオ島北部に位置する 東南アジアのイスラム教国です。

記事を読む

「地獄の門」で話題のトルクメニスタンってどんな国?

最近少しずつメディアでも取り上げられるように なってきたトルクメニスタンの「地獄の門」。

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑