*

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。
ビエンチャン→昆明(クンミン)

フライトは15:30発。
市内中心部からワットタイ国際空港までは車で10分ほどなので、
けっこう時間に余裕がある。

ラオスでは有名なコーヒーチェーン店である
「sinouk coffee」。

IMG_20160121_102423
全てのテーブルにいろいろな過程のコーヒー豆が
敷き詰められており、オシャレだ。

ここでもラテを頼む。

IMG_20160121_103217
確かに美味しい。


が、個人的にはやはりNaked espressoの方が好きだ。

ラオスで過ごす最後の日なので食堂でサンドイッチと
アボカドシェークを飲む。

IMG_20160121_132940
本当にラオスのサンドイッチはどこで食べても美味しい。

宿からの空港送迎でワットタイ国際空港へ向かう。

昆明行きの飛行機に乗った瞬間、
そこはすでに中国になっていた。

とにかくうるさい。笑

けど懐かしい。

ビエンチャンから昆明まではたったの一時間半で着くので、
あっという間だ。

ここから時差がまた変わり中国の時間になるので今は18:00。

そして明日の上海行きのフライトは7:55。

14時間も空港で過ごさなければならない。

ご飯を食べたり歩きまわったりして時間を潰そうとしたが、
思ったよりも潰せない。

何よりバックパックが邪魔すぎる。

そしてかなりアテにしていた空港の休憩所が閉まっていたので、
仕方なくベンチで過ごす。

「さ、寒すぎる・・・」

ヒートテック、ロンT、パーカー、ダウン、シェルパーカーを
着て、さらにマフラーまで巻いているのに寒すぎる。

荷物もあるしはっきり言って眠れるはずがない。

かなりなが~い夜の始まりだ。




 

本日の費用

飲食 64000キップ+55元
送迎(宿→空港) 60000キップ

ad

Sponsored Link

関連記事

エリザベス・コランの出身地・バヌアツのおすすめ観光地

エリザベス・コランさんは 日本でたった一人のバヌアツ出身の外国人です。 バヌアツは南太平洋に

記事を読む

世界一の棚田がある元陽へ

2016年1月3日(十日目)、天空に広がる無数の鏡。 建水(ジェンシュイ)→元陽(ユェンヤン)

記事を読む

エコツーリズム発祥の国・コスタリカの魅力

つい先月まで行われていた サッカーワールドカップブラジル大会で 一世風靡したコスタリカ。

記事を読む

ようやく四川の麻婆豆腐にありつく

2015年12月30日(六日目)、念願の四川麻婆豆腐。 理塘(リタン)→郷城(シャンチェン)

記事を読む

イーバカフェのメニューは?インドにある異空間日本食堂

インド人もびっくりのおしゃれカフェ「イーバカフェ」が 6月29日の日曜ビッグバラエティ「世界の秘境

記事を読む

プーシーの丘からメコンと夕日を眺める

2016年1月13日(二十日目)、全力ではすごいと思わない。 ルアンパバーン お腹の調子もだ

記事を読む

世界最長寿の9人兄弟が住むサルデーニャ島のライフスタイル

世界には健康で長生きする人が 多く集まる「ブルーゾーン」という 特殊な地域があります。 イ

記事を読む

もっとも旅行したい国ナンバーワン!スリランカの魅力とは?

「光輝く島」スリランカはインドの南に 位置する島国です。 「インド洋の真珠」とも言われて

記事を読む

まるで宇宙!世界一の棚田の夜明け

2016年1月4日(十一日目)、異次元の絶景。 元陽(ユェンヤン) 早朝6時過ぎに宿を出発す

記事を読む

桃源郷シャングリラへの道のりは史上最悪

2015年12月31日(七日目)、過酷極まりないシャングリラへの道。 郷城(シャンチェン)→香格里

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑