*

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

公開日: : 海外ネタ , ,

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。
昆明(クンミン)→上海(シャンハイ)→那覇

昆明空港でのなが〜い夜が終わり、
7:55に上海へ向けて出発する。

そして約三時間で到着する。

残った中国元を日本円に両替する。

レートは忘れたが、とんでもなく悪かったので
日本で両替したほうがマシだと思う。

上海13:40発の予定が30分ほど遅れてようやく出発。

約二時間で沖縄・那覇に到着。

日本へ帰ってきた。

空港の清潔さ、そしてこの静寂。

まさに日本だ。

入国審査を終え、税関を通ると久しぶりに個別荷物チェックにあう。

こちらは協力してやってる立場なのに、
まるで悪いことをしたかのような扱いで腹が立つ。

中年にもなってあの態度とは。

ちょうどこの時期、沖縄では史上初の雪が降るかもと
ニュースで騒いでいたので普通に寒い。

一ヶ月前は26度ぐらいあったのにこれだけ変わるものか。

今回の旅では中国についてはかなりポジティブな
側面を見ることができたし、何より刺激をもらえた。

絶景はもちろん、人々のフレンドリーさと親切さには驚かされた。

そして中国に行ったことで改めて中国語を
学ぶべきだと強く痛感した。

英語は話す人もいるが、通じないと思って行くほうが
よいだろう。

次中国に行くときは必ず中国語を勉強してから行く。

今回でも十分に楽しめたが、中国語を話せたらさらに楽しい。

そしてラオス。

ラオスに行ったことがある人はみんな口をそろえて
「ラオスは良かった」と言っていた。

おそらく期待しすぎていたのかもしれない。

実際は退屈で、刺激もなく私には合わなかった。

中国の次に行ったことがさらに物足りなくしたのだと思う。

もちろん好き嫌いは人それぞれ。

多くの人がラオスはおすすめと言っているので、
ラオスはきっと素晴らしい場所に違いない。

たまたま私には合わなかっただけで。

今回の旅はこれで終わり。

次はいつになるかわからないけど、
刺激を求めて、
そして頭でっかちにならないためにも
もっと世界を見続ける。




 

本日の費用

ミルクティー 15元

ad

Sponsored Link

関連記事

筋肉痛?体調不良?体が動かない

2016年1月11日(十八日目)、動けない。 ルアンパバーン 夜明け前から何か体の調子がおか

記事を読む

エリザベス・コランの出身地・バヌアツのおすすめ観光地

エリザベス・コランさんは 日本でたった一人のバヌアツ出身の外国人です。 バヌアツは南太平洋に

記事を読む

もっとも旅行したい国ナンバーワン!スリランカの魅力とは?

「光輝く島」スリランカはインドの南に 位置する島国です。 「インド洋の真珠」とも言われて

記事を読む

世界50カ国以上放浪した元祖バイブス姐さん・岡本まいとは?

1997年から世界52カ国を 女一人旅で周ったという 岡本まいさん。 6年前からカ

記事を読む

ボルネオ島のおすすめスポット

インドネシア、マレーシア、ブルネイが 領有するボルネオ島は、 グリーンランド島、ニューギ

記事を読む

世界の常識は日本の非常識?世界のおもしろ写真10選

日本でよく「常識やぞ!」っていう人 いますよね。 それは 自分の中で思い込んでいる

記事を読む

シメはおばあちゃん!?本場スイスのチーズフォンデュ!

マッターホルンをはじめとした アルプス山脈や氷河など スケールの大きな自然を有するスイスでは、

記事を読む

プーシーの丘からメコンと夕日を眺める

2016年1月13日(二十日目)、全力ではすごいと思わない。 ルアンパバーン お腹の調子もだ

記事を読む

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明(クンミン) フライトは

記事を読む

絶景カフェを発見!風光明媚なバンビエン

2016年1月15日(二十二日目)、のんびりした一日。 バンビエン バンビエンが気に入ったの

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑