*

空飛ぶピザ!ロシアのドードーピザが無人機での配達を開始!動画あり

公開日: : 海外ネタ , , ,

空飛ぶピザ!?
誰かがイタズラでフリスビーのように
投げたのでしょうか?
いやいやそんなことはありません。



ロシアのファーストフードチェーン店である
「ドードー・ピザ(Dodo Pizza)」が
無人機によるピザの配達を開始しました。

プロモーションとかではなくガチです。

無人機により配達されているピザの
動画がコチラです。




いやーピザが本当に飛んでいますね。

しかも無人で。

ドードー・ピザのイリヤ・ファラフォノフ氏は、

「一時間半で6枚のピザを無人機で配達した。」

「本物のビジネスモデルだ。」

「ピザが届いた時の人々の顔を見せたい。」

「まるで魔法のようだ。」

とAFPに語ったようです。


確かにこれが常態化したら
新しいビジネスモデルの始まりですね。

実はこれまでにも無人機でピザを飛ばそうと
試みた企業は存在します。

おそらくほとんどの人が知っているであろう
アメリカ宅配ピザ大手「ドミノ・ピザ」です。

他にもイギリス法人やインドの企業が
「空飛ぶピザ」を試みたようですが、
やはり現実的に配達まで至らなかった
ようですね。


ドードー・ピザは無人機による配達を
ロシア18都市に拡大し、
砂浜や大学キャンパスへ配達する
という考えをもっています。

が、そこには障害があり、
毎回注文に対して目的地と飛行経路の
計画をたて、
さらに当局の事前承認を
得る必要があるみたいです。

(参照:http://news.so-net.ne.jp/article/detail/976150/)


そう考えるとけっこうめんどくさそうですね。

配達スピードも重要なデリバリーピザですが、
逆に人が運ぶより遅くなってしまっては
本末転倒です。

確かにピザが無人機で空から飛んできたら
始めはかなりテンションが上がり
話題性もありますが、
だんだん飽きてきそうです。

と素人の私が言ったところで
相手はもちろんビジネスのプロフェッショナル、
きちんと考えているとは思いますが。

なんやかんや文句を言ってしまいましたが
こうゆう夢のあることは
大好きです。

もしビジネスとしてうまくいったら
日本でもぜひ取り入れて欲しいですね!


ad

Sponsored Link

関連記事

筋肉痛?体調不良?体が動かない

2016年1月11日(十八日目)、動けない。 ルアンパバーン 夜明け前から何か体の調子がおか

記事を読む

ラルンガルゴンパを超えた!?大秘境ヤチェン

2015年12月28日(四日目)、もう一つの秘境、そして聖地へ。 五明佛学院(ラルンガルゴンパ)→

記事を読む

世界の湖のほとりでのんびりできる街6選

世界にはたくさんの湖があります。 そしてその湖のほとりには 街があり、人が住んでいます。

記事を読む

英語で落語?メルボルンで活躍する笑福亭笑子とは?

落語といえば江戸時代に成立し、 日本の伝統的な話芸の一種です。 その落語をなんと英語を使い、

記事を読む

ダイアナ・ナイアドがフロリダ海峡横断直後に語った3つの言葉

2013年9月2日午後2時前(現地時間)、 当時64歳だったアメリカの 遠泳選手であるダイアナ・

記事を読む

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人旅してきました。

記事を読む

ザリガニパーティーとは?北欧スウェーデンの夏の風物詩

ザリガニって聞くと日本では 「子供の頃にザリガニ釣りを よくしたもんだ〜」と 懐かしくなり、

記事を読む

世界の一度は見てみたい橋11選

「こっち」と「あっち」をつなげる橋。 当たり前のようにある橋ですが、 もし今自分の身近にある

記事を読む

まさに異次元!赤の絶景ラルンガルゴンパ

2015年12月27日(三日目)、広がる赤の世界そして絶景。 五明佛学院(ラルンガルゴンパ)

記事を読む

死ぬまでに見たい世界の紅葉スポット2014

秋は「食欲の秋」「スポーツの秋」 「芸術の秋」などイベント盛りだくさんですが、 私は「紅葉の秋」

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑