*

ボルネオ島のおすすめスポット

インドネシア、マレーシア、ブルネイが

領有するボルネオ島は、

グリーンランド島、ニューギニア島に次ぐ

世界の島の中で三番目の大きさを誇ります。


世界的にも珍しい、3つの国が

入り組んだボルネオ島ですが、

今回はマレーシア領のおすすめスポットを

紹介したいと思います。


<ボルネオ島のおすすめスポット〜マレーシア〜>

ボルネオ島はマレーシアの中で

最も人気のある観光地です。


世界有数の熱帯雨林とサンゴ礁、

大自然の広がるボルネオ島の見どころと

いえば動植物でしょう。


「森の人」を意味するオランウータンや

独特な顔立ちのテングザル、

世界最大の花ラフレシアや

食虫植物のウツボカズラなど

魅力的な動植物が盛りだくさんです。

Nasalis-larvatus-578x361


[スカウ]

マレーシアで二番目に長いキナバタンガン川の

流域に位置し、ここでのリバークルーズで

テングザルと遭遇する確率はなんと

99%と言われています。

相当運が悪くない限りはほぼ見れる

ということですね。

他にもカニクイザルやワニ、

運が良ければアジアゾウも見れるみたいです。


[セビロク・オランウータンリハビリテーションセンター]

森林伐採の際に生息地を失った

オランウータンを保護し、

再び森の中に戻すための

リハビリ施設です。

世界的にも有名なリハビリセンターで

もちろんオランウータンの見学が

できます。


[グヌンガディン国立公園]

熱帯雨林の植物がたくさんあり、

中でも有名なのがラフレシアです。

条件が合えば見れるようですが、

なかなか難しいみたいです。

ラフレシアは発芽から開花まで

9ヶ月かかり、

やっと開花しても3~5日で枯れてしまいます。

なので開花したラフレシアを見るのは

運次第ということですね。

6YDwAaLD


[キナバル山]

マレーシア最高峰の山で標高は4095m。

ジャングル、岩場、そして山頂と

変化に富んだ登山を楽しめます。

eda1098b45556d23c319aa9617f57c30

<まとめ>

ボルネオ島はやはり自然の宝庫ですね。

私もリバークルーズでテングザルを

見ることができました。

本当に独特な顔をしています。


個人的にはやはり世界最大の花である

ラフレシアを見てみたいですが、

狙って見れるものではなさそうですね。

ad

Sponsored Link

関連記事

シメはおばあちゃん!?本場スイスのチーズフォンデュ!

マッターホルンをはじめとした アルプス山脈や氷河など スケールの大きな自然を有するスイスでは、

記事を読む

東南アジアはすぐそこに!シーサンバンナへ

2016年1月6日(十三日目)、街路樹にヤシの木。 昆明(クンミン)→西双版納(シーサンバンナ)

記事を読む

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明(クンミン) フライトは

記事を読む

日常から離れてわかった感謝すべきもの10選

ただ単に何も考えず毎日を過ごしていると、 人は本来感謝しなければならないことに 気付かず時間だけ

記事を読む

ガーナってどんな国?観光地は?治安は大丈夫?

突然ですが、ガーナと聞いて 何を思い浮かべますか? パッと思いつくのは チョコレー

記事を読む

世界50カ国以上放浪した元祖バイブス姐さん・岡本まいとは?

1997年から世界52カ国を 女一人旅で周ったという 岡本まいさん。 6年前からカ

記事を読む

桃源郷シャングリラへの道のりは史上最悪

2015年12月31日(七日目)、過酷極まりないシャングリラへの道。 郷城(シャンチェン)→香格里

記事を読む

世界の一度は見てみたい橋11選

「こっち」と「あっち」をつなげる橋。 当たり前のようにある橋ですが、 もし今自分の身近にある

記事を読む

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャン 朝食はメコン川沿い近

記事を読む

映画「世界の果ての通学路」の感想〜桜坂劇場にて

はいさーい! 那覇にはとても素敵な映画館があります。 それが桜坂劇場です。 那覇市

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑