*

ボルネオ島のおすすめスポット

インドネシア、マレーシア、ブルネイが

領有するボルネオ島は、

グリーンランド島、ニューギニア島に次ぐ

世界の島の中で三番目の大きさを誇ります。


世界的にも珍しい、3つの国が

入り組んだボルネオ島ですが、

今回はマレーシア領のおすすめスポットを

紹介したいと思います。


<ボルネオ島のおすすめスポット〜マレーシア〜>

ボルネオ島はマレーシアの中で

最も人気のある観光地です。


世界有数の熱帯雨林とサンゴ礁、

大自然の広がるボルネオ島の見どころと

いえば動植物でしょう。


「森の人」を意味するオランウータンや

独特な顔立ちのテングザル、

世界最大の花ラフレシアや

食虫植物のウツボカズラなど

魅力的な動植物が盛りだくさんです。

Nasalis-larvatus-578x361


[スカウ]

マレーシアで二番目に長いキナバタンガン川の

流域に位置し、ここでのリバークルーズで

テングザルと遭遇する確率はなんと

99%と言われています。

相当運が悪くない限りはほぼ見れる

ということですね。

他にもカニクイザルやワニ、

運が良ければアジアゾウも見れるみたいです。


[セビロク・オランウータンリハビリテーションセンター]

森林伐採の際に生息地を失った

オランウータンを保護し、

再び森の中に戻すための

リハビリ施設です。

世界的にも有名なリハビリセンターで

もちろんオランウータンの見学が

できます。


[グヌンガディン国立公園]

熱帯雨林の植物がたくさんあり、

中でも有名なのがラフレシアです。

条件が合えば見れるようですが、

なかなか難しいみたいです。

ラフレシアは発芽から開花まで

9ヶ月かかり、

やっと開花しても3~5日で枯れてしまいます。

なので開花したラフレシアを見るのは

運次第ということですね。

6YDwAaLD


[キナバル山]

マレーシア最高峰の山で標高は4095m。

ジャングル、岩場、そして山頂と

変化に富んだ登山を楽しめます。

eda1098b45556d23c319aa9617f57c30

<まとめ>

ボルネオ島はやはり自然の宝庫ですね。

私もリバークルーズでテングザルを

見ることができました。

本当に独特な顔をしています。


個人的にはやはり世界最大の花である

ラフレシアを見てみたいですが、

狙って見れるものではなさそうですね。

ad

Sponsored Link

関連記事

エキゾチックなモロッコの超おすすめ4スポット

インド・エジプトと共に 「世界三大ウザい大国」の一つである モロッコ。 国がウザいというか

記事を読む

エリザベス・コランの出身地・バヌアツのおすすめ観光地

エリザベス・コランさんは 日本でたった一人のバヌアツ出身の外国人です。 バヌアツは南太平洋に

記事を読む

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明(クンミン) フライトは

記事を読む

プーシーの丘からメコンと夕日を眺める

2016年1月13日(二十日目)、全力ではすごいと思わない。 ルアンパバーン お腹の調子もだ

記事を読む

ニュージーランドのココは行くべきベスト10!

突然ですが、ニュージーランドって 行ったことありますか? ものっすごく良いところなんですよ!

記事を読む

もっとも旅行したい国ナンバーワン!スリランカの魅力とは?

「光輝く島」スリランカはインドの南に 位置する島国です。 「インド洋の真珠」とも言われて

記事を読む

景洪から国際バスで国境越え、ルアンナムターへ

2016年1月7日(十四日目)、バイバイ中国、ハローラオス。 景洪(ジンホン)→勐腊(モンラー)磨

記事を読む

最大9連休の年末年始!世界遺産ホイアンがおすすめな理由

2014年から2015年にかけての 年末年始はなんと最大9連休に なります! 12月27日

記事を読む

自然好きにおすすめしたい国・場所8選

高層ビルに囲まれた都会より、 ありのままの自然が大好きって人、 けっこういると思います!

記事を読む

アンゴラってどんな国?物価が高い都市ランキング1位!

みなさんはアンゴラ共和国(通称アンゴラ)を ご存じですか? 9月23日の「ありえへん

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑