*

エルサルバドルってどんな国?治安は?

公開日: : 最終更新日:2017/09/03 テレビ, 海外ネタ , , ,

7月7日の「世界ナゼそこに?日本人」で

エルサルバドルに嫁いだ日本人妻が

特集されます。

どうやらこの女性、

12年間の内戦や二度にわたる

大地震を生き抜いてきた

かなりの強者のようです。


私のイメージするエルサルバドルは

正直治安が悪いということしか

わからないです。

(あとコーヒーも有名ですね)


一度、南米のエクアドルで

大使館で働く日本人と話す機会があり、

その人はエクアドルの前にも

中米のいろいろな国の大使館で

働いていたみたいですが、

「エルサルバドルはヤバイ」

「いろんな危ないところに行ったけど

エルサルバドルは本当に怖かった」

「もう二度と行きたくない」

と言ってました。


実際現地で働いて生活している人が

言うのだから間違いなく

「ヤバそうな国」ですよね。


というわけでエルサルバドルについて

紹介したいと思います。

37936738

DSC07270


<エルサルバドル>

首都:サンサルバドル

中米の中部に位置し、

北西にグアテマラ、

北と東にホンジュラスと

国境を接しています。

中米の中では面積が最も小さく、

人口密度は最も高い国です。


[歴史]

1980年、軍部と極右政府の

暴力に耐えかねた民衆が

左翼ゲリラとして団結し、

国を二分する内戦が勃発。

これが冒頭でお伝えした

12年間続いた内戦です。

戦後も一向に回復しない経済に

不満を抱いているところから、

治安の悪化を招いていると

考えられます。


[治安・対策]

まずコチラの

世界治安危険安全ランキング

を御覧ください。

鵜呑みにはできませんが

参考になります。

ランキングが下位になるほど

治安が悪いことを示します。

エルサルバドルは115位ですね。

1位はアイスランド、

6位に日本、

今話題のブラジルは83位ですね。

ちなみに最下位は

163位のアフガニスタンです。


あのブラジルとここまで

離れているんですね。

参考とはいっても

やはりビビリます。


エルサルバドルではギャングの

抗争が絶えず、

世界で最も殺人率の高い、

最も危険な国のひとつと言われています。


対策としては、

危なそうな場所には近寄らない、

夜は出歩かない、

1人で行動しない、

高価なものを持ち歩かないなど

治安の悪い国では

ごく当たり前なことですね。


現地に住んでいる外国人は

住んでいるアパートに24時間常駐の警備員、

そしてその住んでいるエリア全体が

囲まれており、

夜中はその門が封鎖される、

バスの中は強盗にあう可能性が高いので

タクシーを使う、

という風に対策しているようですね。


<まとめ>

治安が悪い国だからといって

必ず強盗にあうわけでもないし、

治安が良い国でも強盗にあう

ことはあります。

要はどれだけ自分自身に

危機管理能力があるかってことですね。

それがわかっていれば

どんな国に行っても

きっと楽しむことができるはずです。


そんなエルサルバドルですが、
少しでも行ってみたいと思った勇気あるあなたは
こちらの記事も読んでみてください。

1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法


行けるチャンスが広がります!
(もちろん自己責任でお願いします)

ad

Sponsored Link

関連記事

死ぬまでに見たい世界の紅葉スポット2014

秋は「食欲の秋」「スポーツの秋」 「芸術の秋」などイベント盛りだくさんですが、 私は「紅葉の秋」

記事を読む

ヤチェンからリタンまで大移動

2015年12月29日(五日目)、本日は移動のみ。 亚青(ヤチェン)→甘孜(カンゼ)→新龍(シンロ

記事を読む

桃源郷シャングリラへの道のりは史上最悪

2015年12月31日(七日目)、過酷極まりないシャングリラへの道。 郷城(シャンチェン)→香格里

記事を読む

まるで宇宙!世界一の棚田の夜明け

2016年1月4日(十一日目)、異次元の絶景。 元陽(ユェンヤン) 早朝6時過ぎに宿を出発す

記事を読む

実際行ったからわかる!世界のおすすめ観光地・絶景14選

最近はテレビや本などで 世界の観光スポットや絶景がたくさん 紹介されるようになってきました。

記事を読む

欧米人に大人気!ラオス古都ルアンパバーンへ

2016年1月9日(十六日目)、世界遺産の街ルアンパバーン。 ウドムサイ→ルアンパバーン 早

記事を読む

エリザベス・コランの出身地・バヌアツのおすすめ観光地

エリザベス・コランさんは 日本でたった一人のバヌアツ出身の外国人です。 バヌアツは南太平洋に

記事を読む

小椋久美子がアナザースカイに登場!オグシオ不仲説や離婚を乗り越えて

一躍時の人となった小椋久美子さんを みなさんは覚えていますか? 元バドミントン選手で潮田

記事を読む

竹内洋岳と篠宮龍三が達人達(たち)で経験した極限の世界を語り合う

今夜10時からNHKでSWITCHインタビュー 達人達(たち)が 放送されます。 ゲストはプロ登

記事を読む

世界のおすすめニューイヤーイベント2014〜2015

こんにちは。 もうすぐ2014年も終わってしまいますね。 1年って本当にあっという間です

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑