*

夏バテ解消に温泉?夏だからこそオススメの標高の高い温泉

温泉といえばもちろん冬をイメージする人が

多いと思います。

寒く冷えきった体を温める、

あの感覚がたまりません。

a0001_015256

しかし、意外にも温泉って

けっこう夏にも向いているって

ご存知でしたか?

脱衣の際は少量の衣類を脱ぐだけで済む上に

脱衣所の寒さに耐える必要もありません。

さらに冬だと湯気がこもって内湯風情が

見えないことも多々ありますが

夏だとそんなこともありません。

そして何より冬に比べて人の数も

そこまで多くありません。

これだけでだいぶ夏でも温泉に

入りたいってなってきますよね。

夏に特にオススメな温泉が標高の高い場所(1,500m以上)

にある温泉です。

下界に住んでいたら冷房が手放せないほど

暑く、夏バテや冷房病が心配です。

が、標高が1,500m以上ともなると

夏でも涼しく熱帯夜とも無縁です。

冷房もいらず夏バテ解消にピッタリなのです。

なので今回は夏にオススメの

標高が1,500m以上の温泉宿を

紹介します。




[夏にオススメ!標高1,500m以上の温泉宿]

・乗鞍高原温泉「カントリーハウス渓山荘」

白いにごり湯でかけ流し硫黄温泉である

カントリーハウス渓山荘は

乗鞍岳、上高地、新穂高などへの

宿泊拠点としてピッタリな場所にあります。

館内はフリーWIFI対応なので

情報収集もできますね。

ホームページ:カントリーハウス渓山荘


・日光湯元温泉「奥日光小西ホテル」

乳白色の湯で24時間流れ落ちる

源泉かけ流しの硫黄温泉です。

奥日光は都会との気温差がなんと

約マイナス10度も違うみたいです。

これなら温泉からあがっても

暑い思いをしなくてよさそうですね。

ホームページ:奥日光小西ホテル


・信州の高原温泉「レッドウッドイン」

アメリカのセコイヤナショナルパークから

輸入した樹齢1650年の巨大丸太の露天風呂が自慢の

穴場的温泉宿です。

朝霧のなか、あるいは満点の星空のもとで入る

露天風呂は格別でしょう。

信州高山村山田牧場の目の前にある

山小屋風のロッジです。

ホームページ:レッドウッドイン


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

標高1,500m以上の高原で

大自然に囲まれながら入る温泉は

気持ちいいに決まっています。

標高が高いからこそ夏にも

ピッタリな温泉。

夏バテ解消にぜひ訪れてみては

いかがでしょう。

ad

Sponsored Link

関連記事

関西のおすすめイルミネーション2014

冬になるとどうしてイルミネーションに 関連したイベントが増えるのでしょうか? 別に他のシーズ

記事を読む

京都発!青春18きっぷの旅に出よう!

2014年も7月に入り、いよいよ日本も夏モードに 入っていきそうですね。 夏といえば一人旅が

記事を読む

不老ふ死温泉の効能は?露天風呂から眺める夕日が絶景!

青森県の津軽西海岸南方に位置する一軒宿、 それが黄金崎不老ふ死温泉です。 「不老ふ死温泉

記事を読む

まるで本物!赤いテントのコーヒーの幼虫グミって?

あまりにリアルすぎて「気持ち悪い」。 青森県八戸市の「赤いテントのコーヒー店」が 販売してい

記事を読む

大盛りで有名な波布(はぶ)食堂へ行ってみた

はいさーい! 沖縄・那覇ではあまりに有名すぎる 大盛りの「波布食堂」へ行ってみました。

記事を読む

2014年秋の味覚狩りおすすめスポット関西編

8月も末に入り、夏もそろそろ 落ち着く頃ではないでしょうか。 9月に入ると残暑はありますが、

記事を読む

都道府県別ソウルフード47選〜九州・沖縄編

北は北海道から始まった 都道府県別ソウルフードも いよいよ最後の九州・沖縄まで やってきました

記事を読む

もうすぐ1周年!忘れ去られた小笠原・新島の最新情報

2013年11月20日、 小笠原諸島の無人島・西之島が 噴火したことで 生まれた新島。

記事を読む

関西の気になるハロウィンイベント2014

今年もこの時期がやってきましたね。 そうです。 10月31日はハロウィンです。 ぼ

記事を読む

外国人が喜びそうな日本の冬イベント2015

「日本の四季は美しい」という 言葉をよく外国人から聞きます。 個人的には秋の紅葉風景が 一

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑