*

エコツーリズム発祥の国・コスタリカの魅力

つい先月まで行われていた

サッカーワールドカップブラジル大会で

一世風靡したコスタリカ。

Scrn60

あの大会で最も番狂わせを演じた

国としてその名を世界に知らしめました。

歴代ワールドカップ優勝国の

ウルグアイ、イタリア、イングランドが列挙する

死のグループを1位で通過することを

誰が予想できたでしょうか?

W杯=コスタリカ快進撃、ユニホーム提供のロット「うれしい悲鳴」

勢いそのままにベスト8という

華々しい結果を残して大会を終えたコスタリカ。

サッカーだけでなく他にも

たくさんの魅力がこの国には

詰まっています。

大学三回生の夏、

「あまり誰も行ったことなさそうな国に

行きたい」という衝動で突然訪れた

コスタリカ。

実際経験したからこそわかる、

コスタリカの魅力をご紹介します。


[エコツーリズム先進国]

九州と四国を合わせたほどの面積をもち

西は太平洋、東はカリブ海に面し、

中央には9つの活火山を擁する

3000m級の山々が連なっているコスタリカは

なんと国土の四分の一が国立公園や

自然保護区という自然大国です。

多種多様な動植物や絶景を楽しむことができ、

自然の楽園とされるコスタリカは

エコツーリズム先進国です。


[魅力的な観光スポットの数々]

・モンテベルデ自然保護区

3c7bb51c68700b796e1e500d94a08a28

手塚治虫の漫画「火の鳥」のモデルになった

世界一美しい鳥「ケツァール」が生息する

この森では他にも数々の動植物と

出会うことができます。

img_0

残念ながらケツァールを見ることは

できませんでしたが、

サル、ナマケモノ、タランチュラと

出会うことができました。

アクティビティも豊富で

地上50mにかけられた7つの吊り橋を

渡る「スカイウォーク」や

ケーブルを滑車で渡る「キャノピー」が

人気です。


・アレナル火山国立公園

2c1047f99ea7c371167963c3e7e74c76-500x375

コスタリカ内の活火山で最も活発なのが

アレナル火山です。

標高1633mで円錐形の姿が富士山を

思わせます。

運がよければ溶岩が流れるのを

見れるのですが、

私は運がなかったです。

麓にあるタバコンリゾートは

温泉リゾートで、

熱帯雨林に流れる川が

全て温泉となっています。

p1030812_3

日本にはないようなジャングル温泉なので

かなり楽しめます。


・トルトゥゲーロ国立公園

tor3

ウミガメの産卵地として有名です。

私も生まれて初めてウミガメの

産卵シーンを見ることができ

感動したことを覚えています。

大きなイグアナもそこら辺で

のんびりしており、

早朝ジャングルクルーズでは

ワニやサルを見ることができました。


・サンホセ

o0471031410713988815

コスタリカの首都です。

コロニアル調の落ち着いた街並みは

ヨーロッパの雰囲気を漂わせています。

スペイン語の語学学校がたくさんあるので

中南米一発音がきれいと言われている

スペイン語を学ぶのもいいですね。


[おすすめ料理]

主食は米と豆で肉料理や魚料理も

豊富なコスタリカですが

なかでもセビーチェという

シーフードマリネがおすすめです。

白身魚にレモンをしぼり、

玉ねぎや赤ピーマン、香菜を和えたもの

なのですが本当に美味しいです。

何回食べても飽きない爽やかな

魚料理です。


[おみやげは?]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コーヒーとチョコレートが人気です。

コスタリカ産のコーヒーは

世界的にも有名ですね。

他には木彫製品などの民芸品もおもしろいです。


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

エコツーリズム先進国のコスタリカ観光

といえば全て自然に関するものばかりでしたね。

珍しい動植物を探したり、

活火山を眺めたり、

熱帯雨林の温泉に入ったり、

ウミガメの産卵を見たり。

自然好きには本当におすすめの国です。

8月9日の「世界ふしぎ発見!」では

コスタリカが特集されるみたいなので

必見ですね!

ad

Sponsored Link

関連記事

スター選手が集まるインド・スーパーリーグとは?

たまたまニュースを見ていたら、 なんとあの元イタリア代表の スーパースター、 アレッサンドロ・

記事を読む

アンゴラってどんな国?物価が高い都市ランキング1位!

みなさんはアンゴラ共和国(通称アンゴラ)を ご存じですか? 9月23日の「ありえへん

記事を読む

ワイトモケーブよりすごいハーウッズ・ホールが世界一の洞窟?

大自然の広がるニュージーランド。 まるで絵画のような世界が いたるところで見られる 素晴ら

記事を読む

南野の2ゴールで日本1位で決勝T進出!2位は中国!

決勝トーナメント進出には 宿敵韓国から絶対に勝利が 必要だったU-19日本代表。

記事を読む

勝敗は?ホンジュラス戦のスタメンを予想!

今夜はサッカー日本代表と ホンジュラス代表が対戦します。 アギーレ監督になってから いまい

記事を読む

クリスマスに中国!?那覇から成都へ

2015年12月25日(一日目)、旅立ちの日。 那覇→〜中国〜上海トランジット→成都(チェンドゥ)

記事を読む

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明(クンミン) フライトは

記事を読む

エルサルバドルってどんな国?治安は?

7月7日の「世界ナゼそこに?日本人」で エルサルバドルに嫁いだ日本人妻が 特集されます。

記事を読む

旅人に大人気!アジア最後の秘境ミャンマーとは?ビジネスでも注目!

「アジア最後の秘境」 「ラストフロンティア」 などと言われ、 旅人の間で密かに人気のある ミ

記事を読む

景洪から国際バスで国境越え、ルアンナムターへ

2016年1月7日(十四日目)、バイバイ中国、ハローラオス。 景洪(ジンホン)→勐腊(モンラー)磨

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑