*

実際行ったからわかる!世界のおすすめ観光地・絶景14選

公開日: : 海外ネタ , , , , ,

最近はテレビや本などで
世界の観光スポットや絶景がたくさん
紹介されるようになってきました。

a0001_010159

見れば見るほど行きたくなりますよね〜。

私も実際世界を旅してみて
「ココはマジで行って欲しい!」という
場所がたくさんあります。

今回はその中からいくつか
ピックアップしてご紹介していきます。


[世界のおすすめ観光地・絶景14選]

・プーンヒル(ネパール)

th_DSC_0244

アンナプルナベースキャンプへ
トレッキングするルートに
組み込まれているであろう
プーンヒルからは、
ヒマラヤ山脈の山々が望め
朝日がかなりキレイです。


・ワイングラスベイ(オーストラリア)

th_DSC_0982

タスマニアのフレシネ国立公園にある
ワイングラスベイはその名の通り
湾がワイングラスベイのように
美しくカーブを描いており、
絶景です。


・ザ・ナット(オーストラリア)

th_DSC_0542_2

タスマニアの北部に位置する
ザ・ナットの別名は
「エアーズロックへのタスマニアからの
回答」です。
穴場感がある絶景スポットです。


・ブルーム(オーストラリア)

th_DSC_0274_4

北西部にあるブルームは
オーストラリアの中でもかなりの秘境です。
世界でここでしか見られない
「月の階段」やケーブルビーチの夕日、
そして何より赤土とコバルトブルーの海という
自然の色のコントラストが素晴らしすぎます。


・マウント・クック国立公園(ニュージーランド)

th_DSC_0746_2

南島の西側に位置し、
トレッキングコースが豊富にあります。
夕日でオレンジ色に染まるマウント・クックは
圧巻です。


・テカポ湖(ニュージーランド)

th_DSC_0141_3

同じく南島に位置するテカポ湖は
世界一美しい星空が見える街としても
有名です。
ミルキーブルー色のテカポ湖は
まるで絵画の世界!


・ガラパゴス諸島(エクアドル)

th_CIMG8908

絶海の孤島ガラパゴス諸島は
まさに動物の楽園。
ウミイグアナが海で泳いでいたり
ガラパゴスゾウガメがのそのそ
歩いていたり。
非日常な世界がそこには
広がっています。


・ドゥブロヴニク(クロアチア)

th_DSC_0551

最近テレビや雑誌でも話題沸騰中の
ドゥブロヴニク。
ジブリ「魔女の宅急便」の舞台という
ウワサもありますね。
「アドリア海の真珠」と呼ばれるほどの
美しさをもつドゥブロヴニクは
ヨーロッパで一番オススメしたい
場所です。


・ポルト(ポルトガル)

th_DSC_0878

ドウロ川沿いに広がる
オレンジ色の屋根をした風景は
何度見ても飽きません。
ドン・ルイス1世橋から眺める景色は
まさに絶景です。


・モスタル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

th_DSC_0374

1995年まで続いていた内戦から
見事復興したモスタルの橋「スタリ・モスト」は
街の象徴となっています。
旧市街から望むスタリ・モストが
とても素敵です。


・チェスキー・クルムロフ(チェコ)

th_DSC_1123

ボヘミアの深い緑に街並みのパステルカラー。
そのあまりの美しさから
「眠れる森の美女」と呼ばれています。
中世にタイムスリップしたような
そんな雰囲気を醸し出しています。


・ブダペスト(ハンガリー)

th_DSC_0258_2

ハンガリーの首都でもあるブダペストは
その美しさから
「ドナウの真珠」や「東欧のパリ」とも
呼ばれています。
特に夜景は息を呑むほどの絶景です。


・シャウエン(モロッコ)

th_DSC_0499

街全体が青く色づいた街・シャウエン。
どこを歩いても青が広がるその景色は
まさにファンタジーの世界です。
何度シャッターを切っても
飽きないシャウエンは
独特な雰囲気のある街です。


・サハラ砂漠(モロッコ)

th_DSC_0652

誰もが知っているであろう
世界一有名な砂漠です。
周りに見えるのは
砂漠だけ。
砂によってできたアートが
不思議な世界を創りだしています。


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

世界には美しい景色がまだまだ
存在しているので、
これからもどんどん見て行きたいですね。

そしてそれらを
紹介できたらなと思います。

以上が「世界のおすすめ観光地・絶景14選」でした。

ad

Sponsored Link

関連記事

エリザベス・コランの出身地・バヌアツのおすすめ観光地

エリザベス・コランさんは 日本でたった一人のバヌアツ出身の外国人です。 バヌアツは南太平洋に

記事を読む

プーシーの丘からメコンと夕日を眺める

2016年1月13日(二十日目)、全力ではすごいと思わない。 ルアンパバーン お腹の調子もだ

記事を読む

世界50カ国以上放浪した元祖バイブス姐さん・岡本まいとは?

1997年から世界52カ国を 女一人旅で周ったという 岡本まいさん。 6年前からカ

記事を読む

世界の常識は日本の非常識?世界のおもしろ写真10選

日本でよく「常識やぞ!」っていう人 いますよね。 それは 自分の中で思い込んでいる

記事を読む

爬虫類好きにおすすめ!世界の4大観光スポット

動物が好きな人って けっこう多いと思いますが、 たいていイヌとかネコなどの 哺乳類ですよね。

記事を読む

エコツーリズム発祥の国・コスタリカの魅力

つい先月まで行われていた サッカーワールドカップブラジル大会で 一世風靡したコスタリカ。

記事を読む

チリ最果てのチロエ島とは?島民のDNAは日本人に極めて近い?

みなさんは南米チリ最果ての島、 チロエ島をご存知ですか? 南米といえば日本と正反

記事を読む

行ってよかった世界の美しい街10選

世界には美しい街がたくさんあります。 日本にも良い街はたくさんありますが、 日本では決して見

記事を読む

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人旅してきました。

記事を読む

桃源郷シャングリラへの道のりは史上最悪

2015年12月31日(七日目)、過酷極まりないシャングリラへの道。 郷城(シャンチェン)→香格里

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑