*

映画「世界の果ての通学路」の感想〜桜坂劇場にて

はいさーい!

那覇にはとても素敵な映画館があります。

それが桜坂劇場です。

那覇市牧志の歓楽街にあるこの桜坂劇場では
おもにミニシアター向きの映画が上映されていて
なかなかコアな作品が多いのです。

そして今回見た作品が「世界の果ての通学路」という
ドキュメンタリー作品です。

Z322022343


HP:世界の果ての通学路


「ロカルノ映画祭2013正式上映作品」、
「第9回アンリ・ラングロワ賞2014
 ドキュメンタリー賞受賞」、
「第39回セザール賞2014
ドキュメンタリー賞受賞」と
なかなかすごい作品なのです。

本当に良かった作品なので
ストーリーと感想を書きたいと思います。


[ストーリー]

私たちにとっては何の変哲もない
学校までの通学路。

が、世界にはさまざまな通学路があり
学校に通うだけでも命がけの場所が
あったり、
はたまた2時間以上歩いて通う子供も
いる。

ケニアのジャクソンは妹サロメを連れて
ゾウを避けながら2時間以上
サバンナを小走りしながら学校まで。

07cc503e576ae433c46113cecc01c40e

モロッコのザヒラは友達のジネブ、ノウラと共に
4時間以上かけてトレッキングの
ような道を歩き、ヒッチハイクして学校まで。

on-the-way-to-school_01

パタゴニアのカルロスは妹ミカイラを連れて
馬で1時間半かけて学校まで。

348235_004

ベンガル湾のサミュエルは足が不自由で
二人の弟に車いすを押されながら
1時間15分かけて学校まで。

71890

彼らにはそれぞれ夢があり、
そのためにこんなに苦労してまで
学校に通っている。




[感想]

自分自身が学校に通っていた頃を
思い浮かべると、
世界にはこんなに苦労して
学校へ通っている子供もいるのだ
ということを思い知らされました。

ゾウを見たら全速力で逃げたり、
石のたくさんある山を
トレッキングしながら歩いたり、
ボロボロの車いすを浜辺から
街まで押し続けたり、
広大な自然の中を馬で走ったり。

ただ単に学校に行くだけで
こんなに大変な思いをしているのです。

けれど子供たちはすごく楽しそうに
通っていました。

それを見て世界の子供の「生きる力」
というものを目の当たりにしました。


夢を叶えるために学校に行く。

学校に行きたくて行きたくてたまらない。


その姿勢に深く感動させられます。

この作品を見たら自分の悩みなんか
あまりにちっぽけに感じてしまいますね。


「世界の果ての通学路」は
学校などで上映会して日本の子供たちにも
見てほしいですね。

そうすればきっと「学校に行く意味」が
わかるはずです。

もちろん子供だけでなく大人にも
きちんと見てほしい作品です。

今まで気付かなかった、
あるいは忘れていた「なにか」に
気付くことでしょう。

ad

Sponsored Link

関連記事

那覇の知っておくべきおすすめごはん屋さん

はいさーい! 那覇に住んで一ヶ月ほど経ちました。 那覇は本当に便利で何でも揃っています。

記事を読む

雲南のポタラ宮、松賛林寺へ

2016年1月1日(八日目)、桃源郷シャングリラから始まる2016。 香格里拉(シャングリラ)

記事を読む

NYタイムズで行きたい国第1位のラオス!世界で注目その魅力とは?

東南アジアで最もマイナーな国 といっても過言ではないラオス。 ASEAN10カ国の中で唯一

記事を読む

三連休あれば大阪から海外の絶景に行ける!

海外には本当にたくさんの絶景があります。 最近はテレビで放送されたり、 本で紹介されたり

記事を読む

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャン 朝食はメコン川沿い近

記事を読む

ヨーロッパで話題沸騰中の「バブルサッカー」は新感覚スポーツ?

ヨーロッパではすでに大人気! 話題沸騰中の新感覚スポーツが 「バブルサッカー」です。

記事を読む

世界の一度は見てみたい橋11選

「こっち」と「あっち」をつなげる橋。 当たり前のようにある橋ですが、 もし今自分の身近にある

記事を読む

世界一の富豪がいるブルネイってどんな国?木村さんとは?

ブルネイ・ダルサラーム国は ボルネオ島北部に位置する 東南アジアのイスラム教国です。

記事を読む

世界の湖のほとりでのんびりできる街6選

世界にはたくさんの湖があります。 そしてその湖のほとりには 街があり、人が住んでいます。

記事を読む

元陽からシーサンバンナまで大移動

2016年1月5日(十二日目)、皮肉なほどの快晴。 元陽(ユェンヤン)→昆明(クンミン)→西双版納

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

→もっと見る

PAGE TOP ↑