*

高見さんのパールファームがある金曜島での生活とは?

みなさんは金曜島(フライデーアイランド)をご存知ですか?

人口がたったの10数人しかいない金曜島は
オーストラリア大陸とニューギニア島の間の
トレス海峡にあります。

と言っても全然場所の想像がつかないと
思います。笑

私も金曜島についてはオーストラリアで
ワーキングホリデー(ワーホリ)をしていた時に
名前を聞いたことがある程度で
どのようなところなのかは
全く知りませんでした。

そんな金曜島が「世界ナゼそこに?日本人」で
「自給自足の生活を送るような日本人」が
9月1日に特集されるようなので
少し気になって調べてみました。

a6d6c664fe474e8480796e0e747b27cd

[高見さんが営むパールファームでの生活]

金曜島で高見さんという人が
パールファーム「KAZU PEARL」を
営んでいるようですね。

ワーホリ中の人がよく
住み込みで働いてます。

冒頭で書いた人口たったの10数人
というのはパールファームでの
労働者のことなのでしょう。

金曜島は基本的に無人島なので
飲水は雨水をタンクに溜め、
濾過して使用しています。

生活用水は井戸水も使っている
みたいですね。

そして必要な電気は
自家発電しています。

まさに自給自足な生活ですね。


私もオーストラリアで金曜島のことを
知ったのは、求人票を見てか
友達づてに聞いた覚えがあります。

金曜島には真珠を養殖するイカダ、
それに宿舎とショップがあるようです。


ワーホリの人の金曜島での役割は

・イカダから貝の入ったカゴを
 持ち運ぶ

・海藻まみれの貝をカゴごと洗浄する

・洗浄された貝をカゴから取り出し
 キレイなカゴに入れ直す

などです。


金曜島にはツアーで来島する客も多いようなので
そういう時は

・ランチ用にテーブルやイス、食器準備

・ショップ準備

・ランチ準備

といった流れみたいです。


[まとめ]

なかなかな体力仕事のようですが、
自給自足をしながら
自然と共に生き、
自然の恵みを活かして
一日一日を大切に過ごす。

日本ではなかなかできない体験が
ここ金曜島のパールファームで
できそうですね。


高見さんは41年も金曜島で
このような生活をしているみたいですが
どうしてなのでしょうか?

そしていったいどのような人物
なのでしょうか?

その答えは9月1日の「世界ナゼそこに?日本人」を
見てのお楽しみということで
放送が待ち遠しいですね(^^)

ad

Sponsored Link

関連記事

絶景!魅力溢れる世界のおすすめ旧市街5選

昔の街並みがそのままの姿で 残っている旧市街。 活気に満ち溢れていたり ノスタルジックな雰

記事を読む

ELTの持田が挑戦するホノルルマラソンとは?

Every Little Thingは 2月から全国34箇所で実施中のロングツアー 「E

記事を読む

不老ふ死温泉の効能は?露天風呂から眺める夕日が絶景!

青森県の津軽西海岸南方に位置する一軒宿、 それが黄金崎不老ふ死温泉です。 「不老ふ死温泉

記事を読む

ワクワクが始まるバンビエンの景色

2016年1月14日(二十一日目)、いざドラゴンボールの世界。 ルアンパバーン→バンビエン

記事を読む

沖縄から中国・ラオス旅の記録2016

2015年12月25日から2016年1月22日まで沖縄からバックパック背負って 中国・ラオスを一人

記事を読む

情熱大陸出演のヒグマ猟師・久保俊治とは?wikiは?

様々な分野で活躍する人々を ひとりひとり密着取材して 取り上げ、紹介する 大人気ドキュメンタリ

記事を読む

グリーンファーザーこと杉山龍丸とは?インドを緑に変えた男

砂漠に覆われたインドを緑に変え、 インド人から尊敬されている 日本人、それが 杉山龍丸(すぎや

記事を読む

死ぬまでに見たい世界の紅葉スポット2014

秋は「食欲の秋」「スポーツの秋」 「芸術の秋」などイベント盛りだくさんですが、 私は「紅葉の秋」

記事を読む

幻のオムレツは記念日に!モンサンミッシェルから有楽町へ

フランスの世界遺産 「モンサンミッシェル」に 本店を置くレストラン、 「ラ・メール・プラール」

記事を読む

いつかなくなると言われる自然の風景9選

世界で4番目に広かったアラル海が ほぼ消滅したことが話題になっています。 アラル海は中央アジ

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑