*

八丈島ってどんなとこ?東京にある魅惑の離島

離島といえば真っ先に沖縄が
思い浮かぶと思うのですが、
実は東京にも離島があります。

それが八丈島です。

001

名前ぐらいは聞いたことあると
思いますが、
実際行ったことある人って
そこまで多くないでしょう。

9月27日の「朝だ!生です旅サラダ」では
温水洋一さんが10年来の夢だったという
八丈島を再訪します。

20100424_526949

温水さんをも虜にする、
八丈島の魅力とはいったい何なのでしょうか。


[八丈島の魅力]

<アクセス>

空からだと全日空が羽田から八丈島まで
毎日3往復出ています。

直行便で約50分ほどです。

海からだと東京汽船「橋丸」が
東京竹芝桟橋から八丈島へ毎日1往復
出ています。

三宅島や御蔵島を経由し、
約11時間ほどです。

なのでスケジュールに余裕がないなら
飛行機で、
ゆっくりできるなら船で行くのがいいですね。


<楽しみ方>

・トレッキング

標高854mの美しい円錐形をした八丈富士を
目当てに八丈島を訪れる人は少なくないはず。

1280段の階段を登れば八丈富士の火口丘(お鉢)に
辿り着き、その火口丘を一周するのがお鉢めぐりです。

そこから見る景色は絶景に違いありません。

・ダイビング

全身で黒潮の海を感じるならダイビングがおすすめ。

世界で八丈島と小笠原にしか生息していない
ユウゼンという魚と出会えるかも。

体が友禅染に似ていることから
こう呼ばれています。

・温泉

体を動かして自然をたっぷり満喫した後には
ゆっくりしたいですよね。

なんと八丈島は温泉郷で露天風呂や
太平洋を一望できる温泉があるのです。

・食べる

温泉でのんびりした後はきっとお腹が
空いているはず。

新鮮な魚をヅケにして甘めの酢飯にのせ、
カラシをつけて食べる「島寿司」は
ぜひ味わいたい八丈島の代表的な
味覚です。


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

大自然に囲まれた八丈島には
たくさんの魅力が詰まっていましたね。

都会のイメージが強い東京に
このような離島があることを
もっと世界にアピールすれば
外国からの観光客も増えそうですね。

旅サラダで温水さんがどういう旅を
するのかも楽しみです。

ぜひ一度は行ってみたいですね!

ad

Sponsored Link

関連記事

2014年紅葉の時期に行くべき山5選

日が沈むのも少しずつ早くなり、 今年も秋に入ってきています。 秋といえば食欲の秋、芸術の秋、

記事を読む

関西のおすすめ花火大会特集2014

7月に入ったのにまだまだ 夏らしさがこないですね。 青空に入道雲、セミの鳴き声が

記事を読む

都道府県別ソウルフード47選〜九州・沖縄編

北は北海道から始まった 都道府県別ソウルフードも いよいよ最後の九州・沖縄まで やってきました

記事を読む

2015年の方角は西南西!妖怪ウォッチ恵方巻きで節分!?

2月3日(火)は節分の日ですね。 2015年の恵方は西南西ということで、 その方角を向いて

記事を読む

都道府県別ソウルフード47選〜中部編

おなじみ日本47都道府県別 ソウルフードの第3弾は 中部編です。 これまで北海道・東北編と

記事を読む

日本のおすすめ避暑地は?2014年の夏はココで決まり!

2014年の夏はエルニーニョ現象による冷夏と 言われたり、やっぱり平年並みの 暑さだと言われたり

記事を読む

大盛りで有名な波布(はぶ)食堂へ行ってみた

はいさーい! 沖縄・那覇ではあまりに有名すぎる 大盛りの「波布食堂」へ行ってみました。

記事を読む

2014年日本のおすすめ避暑地〜九州編

連日暑い日が続いていますが いかがお過ごしでしょうか? 太平洋高気圧の影響で気温が

記事を読む

2014年最大のスーパームーンが8月11日に見れる!

待ってました! ついに2014年最大の満月「エクストラ・スーパームーン」が 見れる時がきまし

記事を読む

幻のオムレツは記念日に!モンサンミッシェルから有楽町へ

フランスの世界遺産 「モンサンミッシェル」に 本店を置くレストラン、 「ラ・メール・プラール」

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑