*

英語で落語?メルボルンで活躍する笑福亭笑子とは?

落語といえば江戸時代に成立し、
日本の伝統的な話芸の一種です。

その落語をなんと英語を使い、
腹話術落語家として
オーストラリアのメルボルンで
活躍している人がいます。

それが笑福亭笑子さんです。

日本の伝統芸を英語で
世界に広めるってとても
うれしいことですね。(^^)




コチラが笑子さんの英語落語の動画です。


そこで今回は笑福亭笑子さんについて
ご紹介したいと思います。


[プロフィール]

笑福亭笑子(本名:小野綾子)

f4f9844b

1968年12月28日生まれ

兵庫県神戸市出身


兵庫県の交通指導員として3年間勤務。

その時子供たちに交通安全を楽しく
教えるために腹話術をマスターしたそうです。

その後、もっと広い世界を見るために
カナダへ1年間語学留学。

帰国後はラジオのアシスタントとして
タレント活動を始め、
30歳の時シンガポールの日本語放送局で
働くために再び海外へ出ます。

その時シンガポールで運命的に出会ったのが
師匠である笑福亭鶴笑さん、
そしてパペット落語です。

鶴笑さんは当時日本の落語を
世界に広めるためにシンガポールで
活動していたようですね。

老若男女国籍を問わず笑わせる芸に
深く感動した笑子さんは
仕事を捨て当時の恋人ジェイソンさんとも
別れ、
ロンドンに移住する鶴笑さんより
一日早く渡英し、やる気を買われて
弟子入りに成功しました。

5年間のロンドン滞在中はストリートや
コメディクラブでも活動し、
芸を磨くことに専念します。

が、ビザの問題で活動ができなくなりそうに
なります。

その時に救ってくれたのが元恋人である
ジェイソンさんでした。

なんと彼はシンガポールでのキャリアを
全て捨て笑子さんのために渡英します。

そして「結婚すればビザの問題は
解消できる」とプロポーズし見事に結婚。

子供も生まれ3年後に本格的に
落語を学ぶために日本へ行き、
2011年末からオーストラリア・メルボルンに
在住しています。


[まとめ]

メルボルンは「芸術の街」と言われるほど
芸術に対しても見方がよくわかっていて、
笑子さんの落語も好印象のようですね。

やりたいと思ったことを真っ直ぐに
やり通した笑子さんもすごいですが、
ジョンソンさんもまたすごい人でしたね。

笑福亭笑子さんに関しては
9月28日の「グッと!地球便」で
特集されるので楽しみです。

ad

Sponsored Link

関連記事

出演者はピエロのみ!?SLAVA’S SNOWSHOWが大阪へ

世界で絶賛の「SLAVA'S SNOWSHOW(スラバのスノーショー)」が 今夏日本に初上陸し

記事を読む

シメはおばあちゃん!?本場スイスのチーズフォンデュ!

マッターホルンをはじめとした アルプス山脈や氷河など スケールの大きな自然を有するスイスでは、

記事を読む

石川県穴水町の魅力とは?いっぷく姉妹都市に指定

石川県能登半島中央に 位置する穴水町が 10月31日(金)の 「いっぷく!」で 紹介されてい

記事を読む

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャン 朝食はメコン川沿い近

記事を読む

見たら涼しくなる世界の滝9選

連日暑い日が続いていますが みなさんどうお過ごしでしょうか? 私は冷房の効いたスーパーや

記事を読む

ボツワナの生活事情と小ネタ集

みなさんボツワナってどこにあるか ご存知ですか? 7月4日に放送される 「世界の村

記事を読む

自然派健康関連メーカー、サラヤが行う国際協力

みなさんはサラヤという企業をご存知ですか? 公共施設やオフィスの洗面所にある緑色の 薬用石け

記事を読む

千島湖に沈む古代都市が幻想的!まさに中国版アトランティス!

アトランティスとは古代ギリシャの 哲学者プラトンが著書「ティマイオス」及び 「クリティアス」の中

記事を読む

自然好きにおすすめしたい国・場所8選

高層ビルに囲まれた都会より、 ありのままの自然が大好きって人、 けっこういると思います!

記事を読む

アンゴラってどんな国?物価が高い都市ランキング1位!

みなさんはアンゴラ共和国(通称アンゴラ)を ご存じですか? 9月23日の「ありえへん

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑