*

ブルキナファソの魅力とは?幾何学模様の集落など盛りだくさん!

ブルキナファソっていう国が
どこにあるかご存じですか?

1

ここでパッと思い浮かんだ人は
相当な旅好きあるいは地理マニア
ですね。笑

アフリカにあるっていうのは
何となくわかるって人は
そこそこいると思います。

ブルキナファソは西アフリカに位置し、
北にマリ、東にニジェール、南東に
ベナン、トーゴ、南にガーナ、
南西にコートジボワールと国境を接する
内陸国です。

そんなブルキナファソについて
今回はご紹介したいと思います。


[ブルキナファソの魅力]

現地語で「高潔な人々の国」という意味の
ブルキナファソ。

高潔な人々とは勤勉で優しい人柄の持ち主です。

現地の人々のホスピタリティに「アフリカ一番の
思い出」と語る旅行者も少なくないとか。


そんなブルキナファソには世界的に大きなイベント、
そしてたくさんの観光地があります。

アフリカ最大級の「国際工芸見本市(SIAO)」が
二年に一度、偶数年の10月下旬に
首都のワガドゥグで開かれ、
アフリカ最大の映画祭「パン・アフリカ国際映画祭
(FESPACO)」が二年に一度、
奇数年の2月頃に同じくワガドゥグで開催されます。


観光地では「ティエベレの幾何学模様の集落」が
ブルキナファソで最もポピュラーなスポットです。

tiebele-10

見ているだけで不思議な世界に引き込まれていきそうです。

tiebele-18

が、最近は壁画の模様が劣化し始めているようなので
早めに見に行っておいた方が良さそうですね。

他にはブルキナファソ唯一の世界遺産である
「ロロペニの遺跡群」、
自然動物保護区の「テングレラのカバ生息地」、
「Sabouのワニ生息地」、「Nazingaのアフリカゾウ生息地」、
「Bazouleのワニ生息地」など。

そして「ラオンゴの花崗岩彫刻庭園」、
ブルキナファソ最大の市場「グランマルシェ」など
見どころ盛りだくさんです!


[まとめ]

非常に牧歌的な国で自然が多く、
観光地もたくさんあり世界規模の
イベントもあるブルキナファソ。

かなり行ってみたいですね!


10月6日の「世界ナゼそこに?日本人」では
「秘境ブルキナファソに嫁ぎ現地人の
養子を育てる日本人妻」という内容で
放送されます。

コチラも気になりますね!

ad

Sponsored Link

関連記事

破局に売名?いま話題の畑山亜梨紗とは?

10月5日の「サンデージャポン」に 生出演していた元AKB48で現在女優の 畑山亜梨紗さんがいま

記事を読む

プーシーの丘からメコンと夕日を眺める

2016年1月13日(二十日目)、全力ではすごいと思わない。 ルアンパバーン お腹の調子もだ

記事を読む

絶景カフェを発見!風光明媚なバンビエン

2016年1月15日(二十二日目)、のんびりした一日。 バンビエン バンビエンが気に入ったの

記事を読む

欧米人に大人気!ラオス古都ルアンパバーンへ

2016年1月9日(十六日目)、世界遺産の街ルアンパバーン。 ウドムサイ→ルアンパバーン 早

記事を読む

釣りに人気!オーストラリア最大の淡水魚マーレイコッドとは?

島国ではなく一つの大陸が まるごと国になっている オーストラリアには 多種多様な生物が存在しま

記事を読む

世界の湖のほとりでのんびりできる街6選

世界にはたくさんの湖があります。 そしてその湖のほとりには 街があり、人が住んでいます。

記事を読む

エコツーリズム発祥の国・コスタリカの魅力

つい先月まで行われていた サッカーワールドカップブラジル大会で 一世風靡したコスタリカ。

記事を読む

見たら涼しくなる世界の滝9選

連日暑い日が続いていますが みなさんどうお過ごしでしょうか? 私は冷房の効いたスーパーや

記事を読む

勝敗は?ホンジュラス戦のスタメンを予想!

今夜はサッカー日本代表と ホンジュラス代表が対戦します。 アギーレ監督になってから いまい

記事を読む

ボルネオ島のおすすめスポット

インドネシア、マレーシア、ブルネイが 領有するボルネオ島は、 グリーンランド島、ニューギ

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑