*

いつかなくなると言われる自然の風景9選

世界で4番目に広かったアラル海が
ほぼ消滅したことが話題になっています。

アラル海は中央アジアのカザフスタンと
ウズベキスタンの国境をまたぐ地域に
あります。

水位の低下に伴い、この地域の気候も
変わったようですね。

冬は一層寒く、夏は一層暑くなったとか。


今回はいつかなくなると言われている
自然の風景をご紹介します。


[いつかなくなる自然の風景9選]

・アフリカ最高峰キリマンジャロの氷河が
 2030年には消えると言われている

・イタリアの青の洞窟は地球温暖化の
 影響で水位が上がってきており
 進入不可日が増えてきている

・ほぼ消滅したアフリカの巨大湖
 チャド湖は現在元の面積の
 10%ほどしかない

・美しい南国の島ツバルは
 2050年には沈んでしまうと
 言われている

・白神山地のブナ林は90年後には
 存続が危ぶまれているらしい

・2040年には北極の氷が
 消えるようだ

・世界最大の森アマゾンは
 あと50年で砂漠化すると
 予測されている

・アメリカのグレイシア国立公園の
 氷河は2030年までに消滅するらしい

・インド洋に浮かぶセイシェルは
 サンゴ礁の破壊で半世紀以内に
 海に沈むと言われている


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

こうやって自然が消えていくのは
なんとも悲しいですね。

地球温暖化によって氷河が溶け、
溶けたことで海の水位があがり
海抜の低い場所はどんどん
飲み込まれていく。

こういう手遅れの状況にしたのは
私たち人間です。

私たちに今できることは何なのか、
今一度考えるときでしょう。

ad

Sponsored Link

関連記事

ラオスの国家資格?ついに象使いライセンス取得

2016年1月10日(十七日目)、象が大好きになる。 ルアンパバーン 五時前に目が覚めたので

記事を読む

もっとも旅行したい国ナンバーワン!スリランカの魅力とは?

「光輝く島」スリランカはインドの南に 位置する島国です。 「インド洋の真珠」とも言われて

記事を読む

ワクワクが始まるバンビエンの景色

2016年1月14日(二十一日目)、いざドラゴンボールの世界。 ルアンパバーン→バンビエン

記事を読む

ミャンマーでの物価・予算まとめ

2014年12月2日から12月14日まで ミャンマーへ行っていたわけですが、 今回はその時の物価

記事を読む

自然が生み出したアメリカのおすすめ絶景6選

アメリカといえばニューヨークや ロサンゼルスなどの大都会を イメージしがちですが、 実は魅力的

記事を読む

「地獄の門」で話題のトルクメニスタンってどんな国?

最近少しずつメディアでも取り上げられるように なってきたトルクメニスタンの「地獄の門」。

記事を読む

まるで本物!赤いテントのコーヒーの幼虫グミって?

あまりにリアルすぎて「気持ち悪い」。 青森県八戸市の「赤いテントのコーヒー店」が 販売してい

記事を読む

イーバカフェのメニューは?インドにある異空間日本食堂

インド人もびっくりのおしゃれカフェ「イーバカフェ」が 6月29日の日曜ビッグバラエティ「世界の秘境

記事を読む

エコツーリズム発祥の国・コスタリカの魅力

つい先月まで行われていた サッカーワールドカップブラジル大会で 一世風靡したコスタリカ。

記事を読む

釣りに人気!オーストラリア最大の淡水魚マーレイコッドとは?

島国ではなく一つの大陸が まるごと国になっている オーストラリアには 多種多様な生物が存在しま

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑