*

世界を旅するザップ一家とは?クラシックカーで14年間も!?

世界旅行。

それは多くの人が憧れる夢の一つです。

が、世界旅行をしたことのある人、
あるいは現在世界旅行中という人は
実際かなりいます。


しかし、家族で世界旅行している人は
そこまでいないのではないでしょうか。


今回は世界を14年間愛車のクラシックカーで
旅をしているアルゼンチンの大家族
「ハーマン・ザップ一家」
ご紹介したいと思います。

C7D5187A8CE2C4BA7920C5C0D877E_h498_w598_m2


[世界を旅するザップ一家]

サンフランシスコ生まれアルゼンチン育ちの
元電気技師ハーマン・ザップさんと
ブエノスアイレス出身の妻
カンデラリアさんがブエノスアイレスを
出発したのは2000年1月です。


4人の子供は14年間の旅中に
旅先の4カ国(アメリカ・カナダ・
アルゼンチン・オーストラリア)で生まれます。


子供が生まれた国が全部違うって
そうそうないですよね。

けど旅中に家族が増えていくって
おもしろいです。(^^)



4年かけてアメリカ大陸を縦断し、
アルゼンチン国内旅行を経て
2007年4月にアジアに向かって
出発します。

そしてオーストラリア、アフリカ、
ヨーロッパへと渡っていきます。



車はハーマンさんが一目惚れで
衝動買いした1928年のアメリカ製
グラハムページです。


タイヤ・ホイールは木製で
ワイパーは手動という
「ザ・クラシックカー」ですね。

クラクションにはロバが鳴く声を
仕込んだりとかなりユーモアにあふれています。


が、子供が生まれたことで車内が
狭くなったので、
旅の途中に車を切断し
他の車体を繋ぎあわせて車長を40cm伸ばす
という荒業に挑みます。


「狭いから広くする」
というシンプルな発想が素敵ですね。(^^)


14年間も旅をしていたらいろいろなことが
あったと思います。

zapp1


road-trip-cliffs_1846512i


road-trip-patagoni_1846537i


旅に出る前、周りからは
「人間には気をつけろ」と言われていたようです。

しかし、実際に旅で一番思い出に残っていることは
「人々の愛情」ということです。


百聞一見に如かずということで
実際に旅に出たからこそ人々の愛情の深さに
触れ合うことができたんですね。


素敵なストーリーです。

旅中は路上で絵を描いて食いつないだり、
写真入りカレンダーを売ったり
旅をつづった本を出版したりして
旅の資金に当てていたようですね。


「SPARK YOUR DREAM」(あなたの夢をひらめかせて)
と題されたザップ一家の旅行記は
大人気です。


1965649

Spark Your Dream: A True Life Story Where Dreams Are Fulfilled and We Are Inspired to Conquer Ours [ Candelaria Zapp ]

価格:3,110円
(2014/10/8 12:03時点)



そりゃあみんな気になりますよね。

こんなに面白そうな世界旅行をしているんだから。


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

ザップ一家は現在どこを旅しているのでしょうか。

tbabzapp3

10月8日の「世界の衝撃映像グランプリ」では
なんと番組がザップ一家に密着し、
一緒に旅をするようです。


訪れた国は40カ国以上、
走行距離32万キロという
彼らの旅が一体どんなものなのか
かなり楽しみですね。(^^)

ad

Sponsored Link

関連記事

沖縄から中国・ラオス旅の記録2016

2015年12月25日から2016年1月22日まで沖縄からバックパック背負って 中国・ラオスを一人

記事を読む

話題の八百屋ヤオヤプラスとは?店長は野菜オタク?

開店1年目にも関わらず いま話題絶頂の八百屋「ヤオヤプラス」。 八百屋の名前でカタカナって

記事を読む

スター選手が集まるインド・スーパーリーグとは?

たまたまニュースを見ていたら、 なんとあの元イタリア代表の スーパースター、 アレッサンドロ・

記事を読む

自然が生み出したアメリカのおすすめ絶景6選

アメリカといえばニューヨークや ロサンゼルスなどの大都会を イメージしがちですが、 実は魅力的

記事を読む

景洪から国際バスで国境越え、ルアンナムターへ

2016年1月7日(十四日目)、バイバイ中国、ハローラオス。 景洪(ジンホン)→勐腊(モンラー)磨

記事を読む

ニューカレドニアが天国に一番近い島といわれる理由とは?

南国の楽園ということで 誰もが一度は行ってみたいと 夢見るニューカレドニア。

記事を読む

ビエンチャンのナイトマーケット

2016年1月19日(二十六日目)、メコン川近くへ移動。 ビエンチャン 朝はNaked es

記事を読む

NYタイムズで行きたい国第1位のラオス!世界で注目その魅力とは?

東南アジアで最もマイナーな国 といっても過言ではないラオス。 ASEAN10カ国の中で唯一

記事を読む

アジアのラストフロンティア!ミャンマーへ行ってみた

民主化を実現し、国際社会に復帰して 現在急成長中のミャンマーは 「アジアのラストフロンティア」と

記事を読む

ラオス北部の交通の要ウドムサイへ

2016年1月8日(十五日目)、ラオスで初マッサージ。 ルアンナムター→ウドムサイ 7:30

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑