*

世界を旅するザップ一家とは?クラシックカーで14年間も!?

世界旅行。

それは多くの人が憧れる夢の一つです。

が、世界旅行をしたことのある人、
あるいは現在世界旅行中という人は
実際かなりいます。


しかし、家族で世界旅行している人は
そこまでいないのではないでしょうか。


今回は世界を14年間愛車のクラシックカーで
旅をしているアルゼンチンの大家族
「ハーマン・ザップ一家」
ご紹介したいと思います。

C7D5187A8CE2C4BA7920C5C0D877E_h498_w598_m2


[世界を旅するザップ一家]

サンフランシスコ生まれアルゼンチン育ちの
元電気技師ハーマン・ザップさんと
ブエノスアイレス出身の妻
カンデラリアさんがブエノスアイレスを
出発したのは2000年1月です。


4人の子供は14年間の旅中に
旅先の4カ国(アメリカ・カナダ・
アルゼンチン・オーストラリア)で生まれます。


子供が生まれた国が全部違うって
そうそうないですよね。

けど旅中に家族が増えていくって
おもしろいです。(^^)



4年かけてアメリカ大陸を縦断し、
アルゼンチン国内旅行を経て
2007年4月にアジアに向かって
出発します。

そしてオーストラリア、アフリカ、
ヨーロッパへと渡っていきます。



車はハーマンさんが一目惚れで
衝動買いした1928年のアメリカ製
グラハムページです。


タイヤ・ホイールは木製で
ワイパーは手動という
「ザ・クラシックカー」ですね。

クラクションにはロバが鳴く声を
仕込んだりとかなりユーモアにあふれています。


が、子供が生まれたことで車内が
狭くなったので、
旅の途中に車を切断し
他の車体を繋ぎあわせて車長を40cm伸ばす
という荒業に挑みます。


「狭いから広くする」
というシンプルな発想が素敵ですね。(^^)


14年間も旅をしていたらいろいろなことが
あったと思います。

zapp1


road-trip-cliffs_1846512i


road-trip-patagoni_1846537i


旅に出る前、周りからは
「人間には気をつけろ」と言われていたようです。

しかし、実際に旅で一番思い出に残っていることは
「人々の愛情」ということです。


百聞一見に如かずということで
実際に旅に出たからこそ人々の愛情の深さに
触れ合うことができたんですね。


素敵なストーリーです。

旅中は路上で絵を描いて食いつないだり、
写真入りカレンダーを売ったり
旅をつづった本を出版したりして
旅の資金に当てていたようですね。


「SPARK YOUR DREAM」(あなたの夢をひらめかせて)
と題されたザップ一家の旅行記は
大人気です。


1965649

Spark Your Dream: A True Life Story Where Dreams Are Fulfilled and We Are Inspired to Conquer Ours [ Candelaria Zapp ]

価格:3,110円
(2014/10/8 12:03時点)



そりゃあみんな気になりますよね。

こんなに面白そうな世界旅行をしているんだから。


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

ザップ一家は現在どこを旅しているのでしょうか。

tbabzapp3

10月8日の「世界の衝撃映像グランプリ」では
なんと番組がザップ一家に密着し、
一緒に旅をするようです。


訪れた国は40カ国以上、
走行距離32万キロという
彼らの旅が一体どんなものなのか
かなり楽しみですね。(^^)

ad

Sponsored Link

関連記事

「地上の楽園」ベネズエラってどんな国?観光や治安は?

あの有名な探検家、 クリストファー・コロンブスが 「地上の楽園」と称した ベネズエラ。

記事を読む

世界の湖のほとりでのんびりできる街6選

世界にはたくさんの湖があります。 そしてその湖のほとりには 街があり、人が住んでいます。

記事を読む

シメはおばあちゃん!?本場スイスのチーズフォンデュ!

マッターホルンをはじめとした アルプス山脈や氷河など スケールの大きな自然を有するスイスでは、

記事を読む

ワイトモケーブよりすごいハーウッズ・ホールが世界一の洞窟?

大自然の広がるニュージーランド。 まるで絵画のような世界が いたるところで見られる 素晴ら

記事を読む

イタリアで社会問題化するマンモーネとは?

突然ですがイタリアのイメージって どんなものが思い浮かびますか? ピザ、パスタ、サッ

記事を読む

三連休あれば大阪から海外の絶景に行ける!

海外には本当にたくさんの絶景があります。 最近はテレビで放送されたり、 本で紹介されたり

記事を読む

「地獄の門」で話題のトルクメニスタンってどんな国?

最近少しずつメディアでも取り上げられるように なってきたトルクメニスタンの「地獄の門」。

記事を読む

アジアのラストフロンティア!ミャンマーへ行ってみた

民主化を実現し、国際社会に復帰して 現在急成長中のミャンマーは 「アジアのラストフロンティア」と

記事を読む

21世紀初の独立国・東ティモールの観光情報

2002年5月20日に独立を達成し、 21世紀最初の独立国として新たな道を 歩み始めた東

記事を読む

英語で落語?メルボルンで活躍する笑福亭笑子とは?

落語といえば江戸時代に成立し、 日本の伝統的な話芸の一種です。 その落語をなんと英語を使い、

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑