*

千島湖に沈む古代都市が幻想的!まさに中国版アトランティス!

アトランティスとは古代ギリシャの
哲学者プラトンが著書「ティマイオス」及び
「クリティアス」の中で記述した、
大陸ほどの大きさを持つ島と
そこに繁栄した王国のことです。

強大な軍事力を背景に世界の覇権を
握ろうとしたが、
ゼウスの怒りに触れて海中に
沈められたとされています。(Wikipedia参照)


そんなアトランティスがなんと中国に
存在するというから驚きです。

場所は中国浙江省淳安県、1078の島が浮かぶ
千島湖(せんとうこ)。

千島湖

美しい景観から観光スポットとしても
人気ですが、
その水中の中に中国版アトランティス
ともいうべき古代都市が眠っているのです。


今回は千島湖に沈む古代都市について
ご紹介したいと思います。


d79606

[幻想的で神秘的!千島湖に沈む古代都市]

もともとこの場所には実は
「賀城」と「獅城」と呼ばれる
古代都市がありました。

周りをライオンマウンテンズという
5つの山々に囲まれていたことから
「ライオンシティ」とも呼ばれています。

建造されたのはなんと1300年も前のこと。

当時は現地の政治・経済の中心となっていた
ライオンシティですが、
1959年に中国政府が水力発電ダムを
建設することを決定し、
街全体が水中に沈むことになりました。

000cf1bdd0481102f77807


街のあった場所は千島湖と呼ばれるようになり、
その存在は50年も忘れ去られていました。

それが近年ダイビングエリアとして
観光的な価値があると見直され、
再び注目を浴びるようになりました。

140226han-ynasty_01


神秘的な水中古代都市には
こんな悲しい過去があったんですね。

天災ではなく人災だったとは。。。


この中国版アトランティスのすごいところは
民家の柱や階段、木製ドアなど
損傷の少ないほぼ完璧な状態で
当時の都市そのものの姿が残っている
ということです。

2014-09-12-1853404-thumb

2014-09-12-1853405-thumb


なぜそんなことが実現したのかというと、
都市全体が風雨や太陽光の影響を
受けなかったこと、
湖底に沈んだことで都市の完全な形が
今もなお残っているようです。


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

水中に眠る都市というだけでも
ロマンティックなのに
それがほぼ当時のまま残っている
とか絶対見てみたいですよね。

ダイバーが潜りたくなる気持ちが
わかります。

潜れば1000年以上前にタイムスリップ
できますからね。(^^)


美しい景観をもつ千島湖、
水中にはずっと忘れ去られていた
古代都市。

そんな中国版アトランティスが
10月19日(日)放送の新番組
「ザ・世界ワンダーX」で
紹介されるみたいですね。

277231_400

22年間続いた
「さんまのスーパーからくりテレビ」の
後番組として注目されますが、
そのさんまさんの娘である
IMALUさんが「ザ・世界ワンダーX」の
レギュラーということなので
そこにも注目したいですね。(^^)


中国版アトランティスを
映像で見るのがとても楽しみです!

ad

Sponsored Link

関連記事

アジアのラストフロンティア!ミャンマーへ行ってみた

民主化を実現し、国際社会に復帰して 現在急成長中のミャンマーは 「アジアのラストフロンティア」と

記事を読む

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人旅してきました。

記事を読む

爬虫類好きにおすすめ!世界の4大観光スポット

動物が好きな人って けっこう多いと思いますが、 たいていイヌとかネコなどの 哺乳類ですよね。

記事を読む

情熱大陸出演のヒグマ猟師・久保俊治とは?wikiは?

様々な分野で活躍する人々を ひとりひとり密着取材して 取り上げ、紹介する 大人気ドキュメンタリ

記事を読む

桃源郷シャングリラへの道のりは史上最悪

2015年12月31日(七日目)、過酷極まりないシャングリラへの道。 郷城(シャンチェン)→香格里

記事を読む

絶景カフェを発見!風光明媚なバンビエン

2016年1月15日(二十二日目)、のんびりした一日。 バンビエン バンビエンが気に入ったの

記事を読む

スター選手が集まるインド・スーパーリーグとは?

たまたまニュースを見ていたら、 なんとあの元イタリア代表の スーパースター、 アレッサンドロ・

記事を読む

竹内洋岳と篠宮龍三が達人達(たち)で経験した極限の世界を語り合う

今夜10時からNHKでSWITCHインタビュー 達人達(たち)が 放送されます。 ゲストはプロ登

記事を読む

釣りに人気!オーストラリア最大の淡水魚マーレイコッドとは?

島国ではなく一つの大陸が まるごと国になっている オーストラリアには 多種多様な生物が存在しま

記事を読む

東南アジアはすぐそこに!シーサンバンナへ

2016年1月6日(十三日目)、街路樹にヤシの木。 昆明(クンミン)→西双版納(シーサンバンナ)

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

→もっと見る

PAGE TOP ↑