*

世界一の富豪がいるブルネイってどんな国?木村さんとは?

公開日: : 最終更新日:2014/10/18 テレビ, 海外ネタ , , , , ,

ブルネイ・ダルサラーム国は
ボルネオ島北部に位置する
東南アジアのイスラム教国です。

sam11-asiabusiness01

石油や天然ガスが豊富で
裕福な国のイメージがあります。


が、ブルネイのことって
実際そんなに深く知らないですよね。

1

というわけで今回は
ブルネイについて
ご紹介したいと思います。


[世界一の富豪がいるブルネイ]

ハサナル・ボルキア国王は
ブルネイの第29代国王です。

首相・国防相・蔵相を兼任し、
ブルネイにおいて
強大な権力を握っています。


ブルネイの紙幣である
ブルネイ・ドルにも
ボルキア国王の肖像が
使用されています。


まさに絶対君主ですね。

ボルキア国王は
世界でも有数の資産家として
知られており、
ギネス・ワールド・レコーズで
世界一の富豪として
登録されていたほどです。


石油や天然ガスなどの資源が
豊富なおかげで
国もなかなか裕福です。

Exif_JPEG_PICTURE

ブルネイでは個人に対する
所得税がなく、
医療も無料など
社会福祉がかなり充実しています。


うらやましいですね。(^^)


ですが、いつ枯渇するかわからない
資源に依存し続けるのは
もちろんリスクが高いわけで、
近年は金融業や観光業に
力を入れるなど、
産業の多様化を進めているようですね。


[ブルネイの知られざる木村さんとは?]

ブルネイでは元国王に信頼され、
尊敬されていた日本人がいました。

それが元ブルネイ県知事の
木村強さんという人です。


この木村さんについては
10月21日(火)の「ありえへん∞世界」で
詳しく紹介されると思うので
そちらをお楽しみに。(^^)


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

日本に住んでいるから
いまいちどんな感覚か
わからないのですが、
一度はオイルマネーで
裕福な暮らしがしてみたい
ものです。

ブルネイ1


アゼルバイジャン(関連記事)や、
トルクメニスタン(関連記事)なども
オイルマネーで潤ってますよね。


今までこういう国を
訪れたことがないので
一度は行ってみたいです!

ad

Sponsored Link

関連記事

クーデンホーフ光子がヨーロッパの母と呼ばれ尊敬される理由とは?

みなさんはクーデンホーフ光子という方をご存知ですか? 7月1日の「ありえへん∞世界」では と

記事を読む

21世紀初の独立国・東ティモールの観光情報

2002年5月20日に独立を達成し、 21世紀最初の独立国として新たな道を 歩み始めた東

記事を読む

アゼルバイジャンってどんな国?世界が注目するバブルな都市?

みなさんはアゼルバイジャンという国を ご存じですか? 聞いたことがある人は多いと

記事を読む

アジアのラストフロンティア!ミャンマーへ行ってみた

民主化を実現し、国際社会に復帰して 現在急成長中のミャンマーは 「アジアのラストフロンティア」と

記事を読む

ヨーロッパで話題沸騰中の「バブルサッカー」は新感覚スポーツ?

ヨーロッパではすでに大人気! 話題沸騰中の新感覚スポーツが 「バブルサッカー」です。

記事を読む

幻のオムレツは記念日に!モンサンミッシェルから有楽町へ

フランスの世界遺産 「モンサンミッシェル」に 本店を置くレストラン、 「ラ・メール・プラール」

記事を読む

アラスカのウナラスカって?アウトドア愛好者に大人気!

みなさんはアラスカと聞いたら 何を思い浮かべますか? 大自然、寒い、オーロラ、 地の果てな

記事を読む

死ぬまでに見たい世界の紅葉スポット2014

秋は「食欲の秋」「スポーツの秋」 「芸術の秋」などイベント盛りだくさんですが、 私は「紅葉の秋」

記事を読む

最大9連休の年末年始!世界遺産ホイアンがおすすめな理由

2014年から2015年にかけての 年末年始はなんと最大9連休に なります! 12月27日

記事を読む

映画「世界の果ての通学路」の感想〜桜坂劇場にて

はいさーい! 那覇にはとても素敵な映画館があります。 それが桜坂劇場です。 那覇市

記事を読む

ad

Sponsored Link

Comment

  1. 加賀山陽子 より:

    私は、木村強の孫です。
    この度、テレビを拝見し、
    ブルネイの方が、日本に親しみをもってくださってるのを嬉しく思いました。
    祖父の事も、覚えいて下さり感謝しています。

    十代で司法試験に合格し、頭の切れる 人でしたが、穏やかで優しい祖父でした。
    クリスチャンであったのも影響していたのでしょう。

    • currysuki-10 より:

      コメントありがとうございます。

      偉大な木村さんのこと、
      そしてあまり日本では知られていない
      ブルネイのことが
      多くの人に知ってもらえて
      私も嬉しく思いました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑