*

エキゾチックなモロッコの超おすすめ4スポット

インド・エジプトと共に
「世界三大ウザい大国」の一つである
モロッコ。

国がウザいというか
ウザい人が多いということです。


2014年の春に二週間ほど旅行で
行ってきたのですが、
ウワサ通りかなりウザかったです。笑


しかしそのウザさも時が経てば
どこか懐かしく感じてしまう、
モロッコはとても魅力あふれる
エキゾチックな国なのです。


幻想的な街並み、活気溢れる港町、
迷路のような路地、そして
世界最大の砂漠。


今回は魅力だらけのモロッコの中で
特におすすめなスポットを
ご紹介したいと思います。


[モロッコのココは行っておきたいスポット]

・青い街シェフシャウエン

th_DSC_0562

通称シャウエンはモロッコの
北西に位置します。

あまりに幻想的な青い街並みは
度肝を抜かれるほどの美しさ!

th_DSC_0653

入り組んだ路地に足を
踏み入れるとそこはもう
おとぎの国の世界です。

th_DSC_0499

th_DSC_0507

th_DSC_0603


私が訪れた場所で
死ぬまでにぜひ行ってほしい
世界の絶景スポットランキングでも
かなり上位です!(^^)


青く幻想的で美しいシャウエンは
モロッコの他の地域と比べて
静かでのんびりしています。

そういう点でもシャウエンは
おすすめしたいスポットですね。


なぜなら他の多くの地域はだいたい
活気に満ち溢れ、騒がしく、
非常に疲れます。
(悪く言えばウザい!笑)


・芸術の港町エッサウィラ

th_DSC_0963

エッサウィラは大西洋岸にある
港町です。

城壁に囲まれた旧市街は
世界遺産にも登録されており、
青い空と白い街並みが
美しい風景を生み出しています。


モロッコ各地から芸術家が
集まり、エッサウィラの街は
内外ともに芸術の美を持っています。

港町なので活気に満ち溢れ、
新鮮な魚介も食べることができ
おすすめです。

th_DSC_0871

th_DSC_0820


そしてエッサウィラは
活気はあるものの、
モロッコの他の街と
違って人がしつこくない
という点が素晴らしいです。


・世界最大のサハラ砂漠

th_DSC_0486

誰もがその名を知っている
世界最大の砂漠がサハラ砂漠です。


風や光の加減によって
毎回その姿を変えるサハラの
美しさは行かないとわかりません。

th_DSC_0650

th_DSC_0624

ラクダに揺られながら見る
夕日と朝日、そして砂漠に映る影は
まさに映画のワンシーンです。


・映画のロケ地アイト・ベン・ハッドゥ

th_DSC_0144

アトラス山脈の麓にあるアイト・ベン・ハッドゥは
「ソドムとゴモラ」「アラビアのロレンス」
そして「グラディエーター」のロケ地として
かなり有名なスポットです。

世界遺産にも登録されており、
先住民族ベルベル人が築いた
土色の家々が青空に映える姿は
異世界を思わせる光景です。


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

エキゾチックでディープなモロッコには
魅力的なスポットがたくさんあります。

最近はモロッコを紹介する番組も
増えていますね。

10月24日(金)の
「世界の村で発見!こんなところに日本人」や
10月25(土)の
「世界ふしぎ発見!」でも
モロッコが特集されるみたいです。

まさにモロッコフィーバー中ですね!(^^)


幻想的な街並みや大自然、
タジンやクスクスなどの伝統料理など
一度とは言わず何度も行きたい
クセになる国です。

写真を撮るのが好きな人には
特におすすめしたいですね。

シャッターを切らずにはいられない光景が
待っています!(^^)

ad

Sponsored Link

関連記事

シャングリラから建水まで大移動

2016年1月2日(九日目)、桃源郷から大都会、そして古都へ。 香格里拉(シャングリラ)→昆明(ク

記事を読む

千島湖に沈む古代都市が幻想的!まさに中国版アトランティス!

アトランティスとは古代ギリシャの 哲学者プラトンが著書「ティマイオス」及び 「クリティアス」の中

記事を読む

幻のオムレツは記念日に!モンサンミッシェルから有楽町へ

フランスの世界遺産 「モンサンミッシェル」に 本店を置くレストラン、 「ラ・メール・プラール」

記事を読む

南野の2ゴールで日本1位で決勝T進出!2位は中国!

決勝トーナメント進出には 宿敵韓国から絶対に勝利が 必要だったU-19日本代表。

記事を読む

竹内洋岳と篠宮龍三が達人達(たち)で経験した極限の世界を語り合う

今夜10時からNHKでSWITCHインタビュー 達人達(たち)が 放送されます。 ゲストはプロ登

記事を読む

高見さんのパールファームがある金曜島での生活とは?

みなさんは金曜島(フライデーアイランド)をご存知ですか? 人口がたったの10数人しかいない金曜

記事を読む

「フルハウスのジョーイおじさん」デイブ・クーリエの結婚相手は?

アメリカのシチュエーション・コメディで 大人気の「フルハウス」にジョーイおじさんとして 出演して

記事を読む

世界の常識は日本の非常識?世界のおもしろ写真10選

日本でよく「常識やぞ!」っていう人 いますよね。 それは 自分の中で思い込んでいる

記事を読む

21世紀初の独立国・東ティモールの観光情報

2002年5月20日に独立を達成し、 21世紀最初の独立国として新たな道を 歩み始めた東

記事を読む

西暦の違う国エリトリアとは?報道の自由制限と治安

まずエリトリアと聞いて みなさんはパッと場所がわかりますか? おそらくわかるのは相当

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

→もっと見る

PAGE TOP ↑