*

ごみゼロと地域活性化!上勝町が世界から注目される理由とは?

徳島県のとある町が
世界から注目を浴びています。

それが過疎と高齢化に直面
している上勝町(かみかつちょう)です。

kamikatutoha_01


四方を山に囲まれ、
深い森を抜けたところの
川岸にある四国の中でも
最も小さな町です。

006


そんな上勝町が世界から
注目を浴びている理由とは
いったい何なのでしょうか?


今回は上勝町について
ご紹介したいと思います。


[ごみゼロの町・葉っぱの町]

上勝町の人口は2000人をきり、
その中の2割以上が80歳以上、
そこに60歳以上を含めると
全体の半分を占めるという
過疎高齢化地域です。


さらにこの町へのアクセスも
決してよくありません。


それなのに年間2500人超が
国内外からこの町を訪れます。


目的は「視察」です。

いったい何の視察なのかというと、
そのキーワードが
「ごみゼロの町」「葉っぱの町」です。


<ごみゼロの町>


上勝町は2003年9月に
「ごみゼロ(ゼロ・ウエイスト)宣言」を
日本で初めて発表し、
2020年までにごみの排出量を
ゼロにしようという目標を掲げ、
具体的な行動を起こしています。

photo_whats_zw


焼却や埋め立て処理などの
ごみ処理施設の整備をするのではなく、
ごみの再利用や再資源化をするべきという
考えを持ち、
ごみの発生抑制を第一とした
「循環型社会」を地域に確立しようと
宣言したわけです。


上勝町のごみの分別はなんと
34にも分けられ、
この分別数は日本一です。


地域によっては燃えるごみ、
燃えないごみの2通りしかないところも
ある中で34は凄すぎますね!


逆にどのように分別しているのかが
気になるところです。

3f487f83


16899_I7_5

世界が注目する理由もわかります。


ちなみに上勝町ではごみ収集車が
回収するのではなく、
各自がごみステーションに
持ってくるようになっています。


住民の協力があってこその
ゼロ・ウエイストですね。(^^)


<葉っぱの町>


上勝町は
料亭などの料理に添えられる
葉っぱや花などのつまものの
販売を通して、
高齢者が生き生きと働き
さらにお金もしっかり稼ぐという
大変珍しい地域です。



そのきっかけを作ったのが
上勝町の第三セクター株式会社
「いろどり」の横石知二社長です。


横石さんが葉っぱや花などを
つまものとして出荷する
「彩事業」を興したことが
地域活性化につながったわけです。

20090112_118439


この成功により、
上勝町は「葉っぱをお札に変える魔法の町」
と言われ、
地域活性化の成功事例として
なんとテレビドラマ化や映画化まで
されました。


高齢者たちが生き生きと働く姿を見て、
移住する若者たちによる
起業も相次いでいます。


まさに地域活性化のお手本のような
町ですね。(^^)


[まとめ]


いかがだったでしょうか?


未来の子供たちに
キレイな空気や美味しい水、
そして豊かな大地を
残していくことを
目的とした
ごみゼロ宣言、

さらに「葉っぱビジネス」による
地域活性化の成功といい
本当に世界から視察が来る理由が
わかります。


11月1日(土)の
「世界一受けたい授業」では
上勝町が取り上げられます。

f7efbc34


世界が上勝町をお手本に
「美しい暮らし」を作っていると
考えると嬉しいですね!(^^)

ad

Sponsored Link

関連記事

都道府県別ソウルフード47選〜北海道・東北編

日本には47都道府県あります。 そして各地域にはそれぞれ 他の地域に負けないような 思わず

記事を読む

セントビンセント島とは?パイレーツオブカビリアンの撮影地

火山島であるセントビンセント島は カリブ海の小アンティル諸島に 位置し、 サンゴ礁のグレナディ

記事を読む

対馬に上陸したツマアカスズメバチの危険性

中国や東南アジアを原産とする ツマアカスズメバチが 長崎県の対馬で見つかりました。

記事を読む

都道府県別ソウルフード47選〜中部編

おなじみ日本47都道府県別 ソウルフードの第3弾は 中部編です。 これまで北海道・東北編と

記事を読む

都道府県別ソウルフード47選〜中国・四国編

日本各地にある 自慢のソウルフードを 北海道から順番に 紹介しています。  今回は中

記事を読む

オーストラリア戦スタメン予想!勝敗は?

14日に行われたホンジュラス戦では 6-0と快勝したサッカー日本代表。 スタメンは武藤嘉紀選

記事を読む

親日国パラグアイってどんな国?観光や治安は?

パラグアイってどんな国か 知っていますか? 名前は聞いたことあると 思いますが、

記事を読む

関西のおすすめ花火大会特集2014

7月に入ったのにまだまだ 夏らしさがこないですね。 青空に入道雲、セミの鳴き声が

記事を読む

エコツーリズム発祥の国・コスタリカの魅力

つい先月まで行われていた サッカーワールドカップブラジル大会で 一世風靡したコスタリカ。

記事を読む

出演者はピエロのみ!?SLAVA’S SNOWSHOWが大阪へ

世界で絶賛の「SLAVA'S SNOWSHOW(スラバのスノーショー)」が 今夏日本に初上陸し

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑