*

グリーンファーザーこと杉山龍丸とは?インドを緑に変えた男

砂漠に覆われたインドを緑に変え、
インド人から尊敬されている
日本人、それが
杉山龍丸(すぎやまたつまる)さんです。

sugiyama1109



インドではグリーンファーザー(緑の父)と
呼ばれている偉大な人物です。


インドの砂漠を緑に変えるために
自身の全財産を投げ売り、
奔走し続けた杉山さんとは
いったいどのような人だったのでしょうか?


今回は杉山龍丸さんについて
ご紹介したいと思います。


[グリーンファーザー・杉山龍丸]




福岡県福岡市出身

祖父は政界の黒幕とも
言われていた杉山茂丸

父は日本探偵小説三大奇書の一つ
「ドグラ・マグラ」など、
色濃い作風で有名な夢野久作








なぜインドに関心を持っていたのか
というと、
自分の遠い祖先がアーリア人だと
信じていたからです。


そしてあるインド人との接触が
きっかけでインドを訪問。


その時にパンジャブ州の砂漠化した
光景を目の当たりにし、
行動を起こそうと思い立ったのです。


杉山さんは成長が早く、
根を深くはる性質をもち、
パルプの原料となる
ユーカリの植林活動を
行います。

941fb231c6e6ff7511e8ecae76d1351a


が、もちろんそんなに
物事がうまく進むことはなく、
様々な問題が起きました。


途方もない作業に現地人から
理解が得られず、
日本の政府や企業からの援助もなく、
さらには深刻な大干ばつが発生したせいで
インド政府までもが事業中止します。



資金面でかなり苦しくなった
杉山さんはなんと
自身が経営していた杉山農園を
売却し、
全財産を投げ売って
緑化作業に取り組みます。


その苦労が実って
砂漠だった土地が緑の地となり、
餓死する人も激減し、
農耕までもが可能になりました。








杉山龍丸さんのインドの緑化事業についての
ドキュメント本も出ているようですね。(^^)


グリーン・ファーザー―インドの砂漠を緑にかえた日本人・杉山龍丸の軌跡

中古価格
¥691から
(2014/11/2 17:49時点)



自身の全財産を投げ売って
他国のためにここまで
出来る人ってそうそういないですよね。


日本からはるか遠いインドの人々のために
ここまで必死に奔走し続けた
杉山さんの素晴らしい生き様、

それはあの独立の父ガンジーと
並び称され
グリーンファーザー・杉山龍丸として
インドでは語り継がれています。

51AKKXXXPSL._SL500_AA300_


[まとめ]

いかがだったでしょうか?

ここまで素晴らしい功績を
残したのにも関わらず、
残念ながら日本ではあまり知られていません。


杉山さんがインドで奔走している間、
日本政府からの援助は一切なかったようです。

それが何か関係しているのでしょうか。



11月4日(火)の
「ありえへん∞世界」では
杉山龍丸さんについて特集されます。


とにかく偉大な功績を残した
杉山さんについて
もっと多くの人に知ってもらいたいですね。

ad

Sponsored Link

関連記事

欧米人に大人気!ラオス古都ルアンパバーンへ

2016年1月9日(十六日目)、世界遺産の街ルアンパバーン。 ウドムサイ→ルアンパバーン 早

記事を読む

シャングリラから建水まで大移動

2016年1月2日(九日目)、桃源郷から大都会、そして古都へ。 香格里拉(シャングリラ)→昆明(ク

記事を読む

まさに異次元!赤の絶景ラルンガルゴンパ

2015年12月27日(三日目)、広がる赤の世界そして絶景。 五明佛学院(ラルンガルゴンパ)

記事を読む

ラルンガルゴンパを超えた!?大秘境ヤチェン

2015年12月28日(四日目)、もう一つの秘境、そして聖地へ。 五明佛学院(ラルンガルゴンパ)→

記事を読む

極寒東チベットの聖地ラルンガルゴンパへ

2015年12月26日(二日目)、東チベットの秘境そして聖地。 成都(チェンドゥ)→色達(セルタ)

記事を読む

世界の一度は見てみたい橋11選

「こっち」と「あっち」をつなげる橋。 当たり前のようにある橋ですが、 もし今自分の身近にある

記事を読む

アンゴラってどんな国?物価が高い都市ランキング1位!

みなさんはアンゴラ共和国(通称アンゴラ)を ご存じですか? 9月23日の「ありえへん

記事を読む

ごみゼロと地域活性化!上勝町が世界から注目される理由とは?

徳島県のとある町が 世界から注目を浴びています。 それが過疎と高齢化に直面 している上勝町

記事を読む

次世代排泄物ファナモが画期的すぎる!世にも奇妙な物語

10月18日(土)に放送された 世にも奇妙な物語で「ファナモ」という 作品がありました。

記事を読む

NYタイムズで行きたい国第1位のラオス!世界で注目その魅力とは?

東南アジアで最もマイナーな国 といっても過言ではないラオス。 ASEAN10カ国の中で唯一

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
1日1時間の作業で月10万稼ぐ方法

どうも、sezです。 今回は1日たった1時間の作業で月10万円稼

パラレルキャリアを目指す

ずっとずーっといつかは独立しようしようと考えてきて、 気がつけばもう

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

→もっと見る

PAGE TOP ↑