*

ニュージーランドのココは行くべきベスト10!

突然ですが、ニュージーランドって
行ったことありますか?

ものっすごく良いところなんですよ!

自然がとにかく多いし、
見る景色全てが絵になるし、
ドライブしてたら車のCMに出てきそうな
ところが多々あるし、
人もものすごく親切で
コーヒーもおいしく、
おまけに羊もたくさん!

これだけ聞いてきっと行きたくなったはず!

けどどこに行けばいいのかわからないって
人のために、
6週間キャンプしながら北島から南島まで
車で周った私がオススメの場所を
ランキングにして紹介します。

それでは参りましょう!


<ニュージーランドのココは行くべきベスト10>


第10位 「ミルフォード・サウンド」

th_DSC_0195

テ・ワヒポウナムの一部として世界遺産に登録されている
ミルフォード・サウンド。

たくさんの岩山が並ぶフィヨルドをクルーズするのは
爽快です!

テ・アナウからミルフォード・サウンドに向かう道
「ミルフォード・ロード」の景色も
素晴らしすぎます。

ちなみにその途中にある名所、ミラーレイクは
がっかりポイントの一つです。笑


第9位 「マセソン湖」

th_DSC_0836_2

たくさんのきれいな湖を持つニュージーランドの中で
最も美しいと言われているマセソン湖。

タイミングが良ければマウント・クックが湖面に映る姿を
見れるのですが、私は見れませんでした。
それでも朝焼けが美しかったのでランクイン!


第8位 「ワイ・オ・タプ・サーマル・ワンダーランド」

th_DSC_0429_3

何千年という月日をかけて形成されたこのタウポ火山地熱帯の
カラフルさは自然界のパレットというべきでしょう。


第7位 「カイコウラ」

th_DSC_1079_2

クレイフィッシュ(伊勢海老)とホエールウォッチングで
有名なカイコウラ。
貧乏旅行の私はフィッシュ&チップスとオットセイで我慢。笑

オットセイのコロニーがあり、駐車場にオットセイが
寝転がってたりします。


第6位 「アカロア」

th_DSC_0069

フランス人の入植者によって開かれたアカロアは、
巨大な死火山のクレーターにあたる美しい入江の
ほとりにあります。

とてものんびりできる町です!


第5位 「ロブ・ロイ氷河」

th_DSC_0650

美しい景色はそれなりに苦労しないと見ることはできません。

しかし、この氷河のトレッキングルートは傾斜が緩やかなので
歩きやすく、とても楽に美しい景色に辿り着くことができます。


第4位 「トンガリロ国立公園」

th_DSC_0689_4

ニュージーランドで初の国立公園になったトンガリロ国立公園は
世界遺産にも登録されています。

雪も降り、視界もかなり悪く、
あたりは霧で何も見えなかったのですが、
エメラルド・レイクが見えるハイライトのポイントに
着いた瞬間、風で霧が吹き飛び、
そこには美しい景色が待っていました。


第3位 「マウント・クック国立公園」

th_DSC_0746_2

テ・ワヒポウナムの名称で世界遺産にも登録されている
マウント・クックの名は一度は誰しも
耳にしたことがあるのではないでしょうか?

夕日に照らされた黄金のマウント・クックの
美しさを言葉にすることができません。


第2位 「テカポ湖」

th_DSC_0191_3

私はテカポ湖がニュージーランドで最も美しい湖だと
思います。

湖の色は信じられないほどのエメラルドブルーです。

湖が視界に入った瞬間の感動を今でも覚えています。

「世界一星がキレイに見える町」としても有名ですが、
まあまあでした。笑


第1位 「アーサーズ・パス国立公園」

th_DSC_1008

ニュージーランドでかなりの量のトレッキングを
したのですが、ココが一番登りがいがあり、
景色も美しく充実しました。

キーアという頭の良いオウムに要注意です。

車の窓のわずかな隙間から忍び込まれクッキーを盗まれました。

そしてテントにも穴を空けられました。

それでも許せるぐらいの景色をアーサーズパスは
持っています!

いかがだったでしょうか?

もっとたくさん良い所があったのですが、
キリがないのでベスト10にしました。

「雨じゃなかったらすごく良かったのに!」
というのも何個かありました。

以上が「ニュージーランドのココは行くべきベスト10」でした。

ad

Sponsored Link

関連記事

西暦の違う国エリトリアとは?報道の自由制限と治安

まずエリトリアと聞いて みなさんはパッと場所がわかりますか? おそらくわかるのは相当

記事を読む

ワイトモケーブよりすごいハーウッズ・ホールが世界一の洞窟?

大自然の広がるニュージーランド。 まるで絵画のような世界が いたるところで見られる 素晴ら

記事を読む

東南アジアはすぐそこに!シーサンバンナへ

2016年1月6日(十三日目)、街路樹にヤシの木。 昆明(クンミン)→西双版納(シーサンバンナ)

記事を読む

まるで宇宙!世界一の棚田の夜明け

2016年1月4日(十一日目)、異次元の絶景。 元陽(ユェンヤン) 早朝6時過ぎに宿を出発す

記事を読む

エメラルドの絶景!クアンシー滝

2016年1月12日(十九日目)、不思議な色をした滝。 ルアンパバーン 全身疲労はだいぶマシ

記事を読む

ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人旅してきました。

記事を読む

セントビンセント島とは?パイレーツオブカビリアンの撮影地

火山島であるセントビンセント島は カリブ海の小アンティル諸島に 位置し、 サンゴ礁のグレナディ

記事を読む

プーシーの丘からメコンと夕日を眺める

2016年1月13日(二十日目)、全力ではすごいと思わない。 ルアンパバーン お腹の調子もだ

記事を読む

エルサルバドルってどんな国?治安は?

7月7日の「世界ナゼそこに?日本人」で エルサルバドルに嫁いだ日本人妻が 特集されます。

記事を読む

世界一の富豪がいるブルネイってどんな国?木村さんとは?

ブルネイ・ダルサラーム国は ボルネオ島北部に位置する 東南アジアのイスラム教国です。

記事を読む

ad

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

Sponsored Link
ラオスでの物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国での物価・予算まとめ

2015年12月25日〜2016年1月22日まで中国とラオスを 一人

中国・ラオス 一ヶ月に及ぶ旅の終わり

2016年1月22日(二十九日目)、帰国。 昆明(クンミン)→上海(

昆明空港で一夜を明かす

2016年1月21日(二十八日目)、旅の終わり。 ビエンチャン→昆明

三度目のNaked espresso

2016年1月20日(二十七日目)、旅の終わりが近づく。 ビエンチャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑